Entries

原発電気が安いという屁理屈

 こういう屁理屈が通るのかと、新聞を見て驚きました。経済産業省が検討している2030年の電源構成(エネルギーミックス)を決める議論の中で、電源ごとの発電コストを決める議論を視てのことです。

 福島原発事故が起こった2011年、当時の民主党政権は「コスト等検証委員会」において原発コストを決めました。この時は、原発のコストに事故による損害賠償や除染に伴う費用、原発を受け入れた自治体に国が支払う交付金など、これまでの試算では盛り込んでいなかった費用を加えました。

 その結果、これまで1㌔ワット時あたり5.9円としていた額を、1.5倍増やして8.9円としました。そして福島原発事故に対する損害額が1兆円増えるごとにコストを約0.1円ずつ増やすとしていました。それでも僕はこの額は安すぎると思っていました。

 この度、経済産業省に置かれた「発電コスト検証ワーキンググループ」は、4月中にも結論をまとめるとしています。このワーキンググループの中で委員から出ている意見は、原発のコストを下げるべきだというものです。下げると聞いて「ウソッ」と思われるかも分かりませんが、その理屈は次のことです。

 それは新しい規制基準によって、電力会社が行っている過酷事故対策工事で「事故の発生確率が少なくなった」という理屈です。原子力規制委員長ですら「適合審査申請に合格したからといって、原発の安全性が保証された分けではない」と発言しているにも関わらずです。反対に再生可能エネルギーは、送電網増強などのコストや、固定価格で買い取る制度(FIT)の賦課金を上乗せしたらもっと高くなるという理屈です。

 確かに各電力会社は過酷事故対策の工事を実施しています。しかし、どれもこれも対策の立証実験が行われていない対策です。沸騰水型に義務付けられている「フィルター付きベント装置」は、本番で本当に動くのでしょうか。動かしてどれだけの効果が出るでしょうか。動かしたがために、放射能をまき散らすことにはならないのでしょうか。

 中国電力も島根原発2号機の「過酷事故対策」で、明らかになっているだけの費用は、すでに2000億円以上とされています。そして新たに、テロや航空機衝突に備えた、特定重大事故等対処施設の敷地造成と施設の建設費で、合わせて約690億円を投じることも明らかになりました。僕は総額4000億円近くになると予想しています。4000億円とは原発1基分の建設費用に近い額です。

 それでも原発コストは安いというのでしょうか。廃炉は用意しているお金でやれると思っているのでしょうか。

 究極の屁理屈で「原発は安い」という、この感覚。福島原発事故などまるで無かったかのような政府・電力会社の感覚、空いた口が塞がりません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/306-2516f3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR