Entries

66歳になりました

 1月8日ついに66歳になりました。早朝に長女から「おめでとう!」のメールが入りました。さすが気くばりの娘です。

 よりによって、この日中国電力に対して島根原発問題で申入れを行いましたが、終わった後にマスコミ関係者から「何歳ですか」と聞かれ思わず65歳と言いかけましたが、「そうだ今日から66歳だー」と言ったら、一人の女性記者が「おめでとう」と言ってくれました。
 根が単純な僕ですから、すごく嬉しかったです。まあー考えてみれば、そんなにおめでたい年齢でもありませんが。Face Bookには何人かの友人がメッセージを寄せてくれました。

 ズウズウしい話しですが、ほんのこの前まで「ヒロシマの若者、被爆二世」として新聞などに取り上げられていたという記憶は、今でもハッキリと残っているのですが。でももう「65歳以上の高齢者・・」という枕言葉が付く年齢になり、2年目の春となった訳です。

 若いと思っている人もすぐに歳を取りますよ。まさに「命短し恋せよ乙女」です。

 66歳になっての決意、そうですね僕より若い年齢の人に優しく且つ厳しく声を掛けたいと思います。最近の歳取った人はどうも若い人に対する指導を怠っているように思います。僕が若い頃はすごく指導されたものです。顔を見ただけでも、まさに震え上がるような人もいました。

 今となっては、この経験が僕を大人にさせてくれたと感謝の気持ちです。若い人たちが「○○さんに怒られた」とか「叱られた」ということをすぐに言って、言った人を「悪者」扱いにする傾向が強いと思います。この風潮はとても良くないと思っています。近所の中学生前までくらいの子どもたちに注意したら親から怒鳴り込まれる時代ですから、大人も教師も萎縮してしまいます。

 昔は先輩にきつく指導され、お嫁さんは姑から注意されたりある時にはいじめられたりもしたものです。

 そして最近は注意する方法もとても苦手な人が多くなったと思っています。「黙れ!」「うるさい」「バカたれ」という単語で怒り声をあげる人は時々見ることがありますが、こういう言い方しかできない人の「ゴキャブラリイ」の無さを感じます。単語で怒り声をあげるよりも、優しく注意する方が本当に難しいのですよね。

 66歳になって、「かきくけこ」を実践します。「か」とは感性、「き」は気くばり、「く」は前向きに苦労を考えること、「け」は研究心と健康、「こ」は恋心を持つこと。恋心を持つ対象は男女を問いません。もちろん年齢も。最近、年齢に関係なく素敵な男や女に出会うことが多くなりました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/290-74a0ebc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック