Entries

漫画からのメッセージ

 アメリカ、シアトルに住む漫画家の友人が広島にやってきました。彼ら夫妻と初めて会ったのは、今から30年も前のことでしょうか。
 「はだしのゲン」で有名な、中沢啓治さんの漫画の英語版を広島の原爆資料館の売店で販売してもらえないかと言われ、その協力をしたのが出会いのキッカケでした。その漫画は「l saw it(俺は見た)」というものです。

 メールや電話でのやり取りは有りましたが、会ったのはご無沙汰です。

 彼は、まだ漫画を仕事としていました。漫画では、なかなか生活できないので、妻も仕事をしています。
「彼は、全く金銭感覚が無いのよ。漫画の学校で教えたりしているけど、薄給。でも、頑張っている」と妻の弁。素晴らしい夫妻だと思いました。

 中沢さんの漫画などといった平和問題だけでなく、エイズ問題、喫煙被害の問題、PCB問題、WTO(世界貿易機構)問題などなど、彼がテーマとする漫画は様々です。

 漫画で意見を表明する。難しい理屈ではなく、絵を見て、やり取りをする文を読んで理解すること、大切なことだと思いました。

 行きつけの居酒屋で、食べて、飲んで、喋りまくって、楽しい夜を過ごしました。

 彼らの広島みやげ、それは原爆資料館の売店のショーケースの中に置いてある、「l saw it」の写真でした。

 僕が一番嬉しかったのは、彼らが30年前と同じ気持ちで仕事をし、生活していることでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/28-0dd60b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR