Entries

なぜ原発議論が進まなかったのか

 選挙も今日が最終日となりました。福島原発事故から、まだたったの3年9か月というのに、選挙戦の中で原発やエネルギー問題の議論が「本気」では進まなかったように思います。

 安部首相にしてみれば「アベノミクス」で選挙をした方が有利に進むという魂胆があるのは理解できますが、民主党を中心に自民党の作戦にまんまと引きずり込まれたという感じがしています。

 今朝の新聞は、各政党の公約一覧を出しています。原発問題について、自民党は「原子力規制委員会が新規制基準に適合すると認めた原発は再稼働を進める」としていますが、連立を組んでいる公明党は「原発ゼロを目指す」としています。この二つの政党の政策は、真っ向から矛盾していると思います。原発問題というのは、政党が連立を組む上でどうでも良いような軽い問題なのでしょうか。はっきり言って公明党の態度に理解ができません。

 野党の中でも「原発推進」と言われている次世代の党も、「脱原発依存体制を構築する」としています。選挙応援で九州電力川内原発の地元、薩摩川内市を訪れたアベシンは、「原発」について口にしなかったと新聞は書いていました。東京電力の柏崎刈羽原発がある新潟県でも、社民・共産を除いて原発問題について候補者は争点化を避けていたとの報道もありました。

 自民・公明の関係は矛盾しているし、原発をやめた方がよいとしている野党側もスローガンだけの感じがして、どうも信用できないという思いがしています。そんな中で、東海地方の民主党候補者が中部電力の労働組合と「原発推進」で協定を結んでいたという新聞を観て、民主党政権が誕生した時の「期待」とその後の「裏切り」の悪夢が浮かんできました。

 原発・エネルギー政策は簡単な言葉の「遊び」で済むような問題ではありません。いわゆる「核のごみ」問題や「廃炉」にしても言いたいことの主張をしていて事が進む問題ではないと思います。原発だけでなく、電力小売り事業の全面自由化、電力会社の総括原価方式の撤廃問題といった電力事業の今後についても、たくさんの課題が在ると思うのです。

 事故被災者の帰還時期のこと、汚染水問題もといった課もを抱えています。これらの情報がオープンにされて国民的議論が「本気」で出来る下地が作られて議論が始まれば、僕たちも「ある程度の犠牲」を考えながらも、その議論に加わりたいと思うのですが。

 与党も野党も「言葉の遊び」、「後は野となれ山となれ」、「口先」だけでは信じられないのです。このまんまズルズルと先延ばししているのは、もっとも「ひきょう」なやり方だと思うのですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/278-ca6de061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック