Entries

3だけ主義

 ラジオ派の僕は朝6時43分からの、NHK「ビジネス展望」を聴くのが朝の始まりです。11月7日、経済アナリストの藤原直哉さんが話された「今だけ、カネだけ、自分だけ、3だけ主義の克服と新しい日本」はとても聴きがいのある内容でした。

 「3だけ主義」の意味は、誰でもその意味は理解できると思いますが、藤原さんは次のように話していました。

 今さえよければ先々のことを考えずに借金ばかり積み上げるとか、未来の成長の芽を摘んでしまうとか、姑息な問題の先送りとか危機を隠すとか、将来の子孫のことを考えずに環境を汚すといったこと。

 カネだけというのは、とにかくカネをもらえば何でも言うことを聞くとか、カネが儲かるなら何をしてもいいとか、カネのためなら何でもするとか、カネ以外の価値観が何もないとかいうこと。

 自分だけというのは自分さえよければというもので、他人や弱者や社会や未来の人たちのことなどどうでもいいとか、環境を汚してもいいとか、自分自身の利害損得以外は何も考えないとか、そういうこと。

 「昔の日本はこんな3だけ主義の人はあまり表に出てこなかったし、世の中をリードするような立場に付くことはなかったが、最近はそういう人が本当にあちこちにいて、しかも政治や経済の結構地位の上の人にそういう人が多くて、多くの日本人がうんざりしている」とも藤原さんは話していました。

 僕も「今」も「カネ」も「自分」も大切です。しかし「今のみ・今しか・カネのみ・カネしか・自分のみ・自分しか」という考えは持たないように心がけているつもりです。

 僕の中では、3だけ主義の中枢というかそのシンボルの存在が原子力発電だという結論になりました。原子力発電は今だけの「便利さ」のために何十万年以上に亘って放射性廃棄物を管理し続けなければなりません。カネだけということで、自治体や経済界は原子力発電を作ろうと持ち込もうとしています。自分だけというのも、カネだけと共通点を持っていると思います。貧富の格差が拡大していることも、環境が破壊されていることも、この3だけ主義がその原因の根底に流れているように思うのです。国の借金は1000兆円以上在るというのに、「どうにかなるさ」という感じて、ますます増やしているというのもそうだと思います

 しかし、この3だけ主義を克服しようとする動きが、私たちの中で近年あちらこちらで言われているということは、せめてもの救いのような気もします。 
 この藤原直哉さんのお話しはインターネットで聴くこともできます。NHK「ラジオあさいちばん」の「ビジネス展望」から11月7日のところをクリックすると聴けます。

 今度、時間が取れたら「ラジオあさいちばん・ビジネス展望、広島サロン」というようなのも作りたいなあーとも思っているのですが。皆さん如何でしょうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/262-5244853a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR