Entries

憲法9条がノーベル賞候補に

 10日に公表されるノーベル平和賞に、憲法9条が受賞するとの予測がされているという新聞記事を見ました。受賞者は日本国民にとされていますから、僕も安倍晋三も受賞者です。予測をしたのは、ノルウェーのオスロにあるオスロ国際平和研究所という民間の研究機関です。

 アベシン政権が憲法解釈を変え、集団的自衛権の行使を認めることを閣議決定するという、まさに暴挙を行った後ですから大いに期待して10日を待っています。

 まあー安倍晋三の大叔父にあたる佐藤栄作も1974年のノーベル平和賞を受賞しているのですから大いなる皮肉です。佐藤栄作からみれば安倍晋三は大甥です。もっとも9条がノーベル平和賞を受賞することに危機感を持っているのがアベシン政権だとも新聞は書いていました。

 ノーベル平和賞もこの佐藤栄作を始め最近ではケニアで貧困に苦しむ女性を動員して植林運動を指導したワンガリ・マータイさんやオバマ米大統領も受賞しているという代物です。たぶん日本の組織なり個人が単独でノーベル平和賞を受けたのは佐藤栄作ただ一人だと思います。

 高乗正臣という憲法改正(改悪)論者は新聞の中で「集団的自衛権の行使を容認している現実がある。違憲状態が放置されたまま9条がノーベル賞を受賞すれば、欺瞞(ぎまん)と言われるだろう」と述べていました。このコメント裏を返せば、集団的自衛権を憲法違反と認めたことになるのだと思い笑ってしまいました。

 9月20日土井たか子さんが亡くなりましたが、土井さんは「憲法と結婚した」とまで自らが言われるほどの9条を護る護憲論者でした。非核3原則に傾けた情熱は、まさに本物でした。憲法9条がノーベル賞を受けたら一番喜ぶのは土井さんだろうと思います。

 僕が特に土井さんのファンだったのには、個人的な理由もあります。客観的に見れば違うかも知れませんが、背の高いところ、その声、生き方、取り組む態度、心の大きさなどが母に似ていることです。土井さんが亡くなられた後の新聞で知ったのですが、大腿骨を骨折し手術・車いす生活になり85歳で亡くなったということもそっくりだからです。

 アベシンのことですから、「僕の大叔父さえ貰えたノーベル賞だから、大した価値があるもんじゃあないですよ。ノーベル賞も間違いはありますから」と開き直るような気もしています。LEDでノーベル物理学賞を貰った日本人にアベシンから電話をしたそうですから、憲法9条がノーベル賞になれば、彼はどんなコメントをするのでしょうかねえー。これも興味深いところです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/248-5bacb79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック