Entries

近くの文房具店がつぶれました

 もう何十年も前から買っていた近くの文房具店が倒産しました。正式には破産したということです。この店、ショッピングセンターのような中で営業していた店です。

 何も知らないで店に行くと、店の周りには中が覗けないようにパーテーションのような物で覆われていました。その端のところにA4くらいの紙に破産したことが書いてありました。破産管財人に○○法律事務所とあり、この法律事務所をやっていたボスは僕と昔からの友人でした。去年の暮に若くして病死した男です。

 この店には何十年もお世話になり、店に無い商品は、電話一本で取り寄せてくれていました。ホント近くに文房具店が無くなって困ります。もう一軒ほど車で行かなければならないような所に、知り合いの文房具店があります。ここは自分の家を店にしている人です。その店に行って店主さんと、倒産した店の話題になりました。店主は「あの店のようにショッピングセンターのようなところで店を構えているのは、家賃が高すぎて相当に儲けないとやっていけないんですよね」と話していました。ついでに言われたのは「うちのような店は小さいけど、家賃を払わんでいいから何とかやっていける」とも話していました。

 そういえば町の小さな薬屋や本屋が急激に減っているように思います。大型というか全国チェーンの店や、なんといってもインターネットで購入できるというのが、その原因だと思います。そういう僕も何かとインターネットで購入することが多いと思います。わざわざ行くことは無いというのが何よりもですし、定価のままで配達してくれるというのも大きな魅力です。

 ある出版会社の人が話していました。このインターネットで本を販売する会社は、普通は本の場合8掛けとかいいますが、中小の出版会社からは極端には6.5掛けくらいで本を仕入れて販売しているそうです。それだから送料込みでも定価で販売しても儲けが出るようです。

 最近本の値段が高くなっているなあーと思っていたことが納得できました。少し面倒でも町の本屋さんに注文すべきでしょうけど、口では言いながらもそれをやっていない僕です。

 さっき話している小さな文房具屋の店主の妻が、「ここに来るお客さん、来るといつも戦争の時の話しを延々としているのよー。私は何十回聞いたことやら」と話していました。

 全国チェーンの薬屋では、店員が一人のお客に対する接客時間は何十秒以内というように決められているのだと聞いたことがあります。全国チェーンの店員に戦争時代の苦労話しをしているようなお客は見たことありませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/242-671666b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR