Entries

無責任に川内原発が再稼動に進む

 原子力規制委員会が川内原発の再稼動を容認しました。原子力規制委員会の田中俊一委員長の記者会見を見ていると、なんとも無責任という感を否めません。そのことを最も感じたのは、次のやり取りです。
Q:審査の位置付けは?
A:新基準への適合はみているが、安全とは私は申し上げられないと何度も言っていた。
という部分です。

 そしていつもいわれている事ですが、避難体制の審査の部分です。田中委員長は、審査の中では評価していない。自治体が、住民が安心できる防災避難計画を作ってほしい。防災対策を作ることは規制庁の範囲外、という発言です。

 原子力規制委員会設置法の第一条(目的)には、次のように書いてあります。=原子力利用における事故の発生を常に想定し、その防止に最善かつ最大の努力をしなければならないという認識に立って、確立された国際的な基準を踏まえて原子力利用における安全の確保を図るため必要な施策を策定し、又は実施する事務を一元的につかさどるとともに・・・=とあるのです。この「一元的に」という部分を僕は言いたいのです。

 「一元的に」というのは、原発のハードな部分ソフトな部分を含めて、審査をするということではないでしょうか。

 田中委員長の発言の語尾がどうも無責任だとも思いました。そこを羅列的に書いてみます。
「まだいくつもの山はある」
「ますます努力をしていく必要がある」
「規制庁の範囲外」
「私は願っているが」
「これから研究を進めるべきだ」
「人知の及ばないことがあるというのが、不確かさにつながる」
「私たちの役割は審査に対応することで、社会的なジレンマとは関係ない」ざっとこんなものです。

 川内原発の半径160㌔の範囲には、阿蘇山・霧島山・桜島・喜界島など多くの活動中の火山もあるのです。火山からの火砕流などはどう評価されたのでしょうか。

 米国では原発の多重防護という考えの中に、第5層の考えとして重大事故時に住民の被ばくを防ぐ避難計画などの緊急時対策が盛り込まれない限り、原発の稼働許可は得られないとされています。一番肝心で大切なことを日本では考えようとしてないのです。

 川内原発の再稼動に向けての動きに対して、泉田新潟県知事からのコメントというのがありました。川内原発については、責任を持って情報を収集し分析する立場にはないとしながらも、一般論として次のように言っておられました。

 少し長いのですが、ぜひ読んで頂きたいと思います。
「原子力発電所の安全確保のためには、福島第一原子力発電所事故の検証・総括が不可欠です。それがなければ、同じことを繰り返す恐れもあり、原子力発電所の安全が確保できないものと考えています。事故の検証・総括がないまま策定された規制基準では安全確保はできません。原子力規制委員会には、地域の安全を如何に確保するかという組織の本来の目的を果たして、実効性のある対策をすみやかに構築していただきたいと思います。また田中委員長は面会拒否を改め、立地自治体の声を十分に聞いていただくとともに、政府及び関係機関へも必要な勧告権を行使していただきたいと考えております」
 この通りだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/215-44e72ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR