Entries

政治家の発言は本音

 石原伸晃環境大臣・原子力防災担当大臣が、17日の閣議後の記者会見で、除染廃棄物や中間貯蔵施設をめぐる福島県側との交渉について「最後は金目でしょ」と発言した問題、今朝現在、本人は取り消すことはせずに「全くの誤解、私の品を欠く発言」しています。

 たぶん、どこかの時点で自民党内や支持者からの外圧によって取り消さざるをえないでしょうけど、取り消したとしてもその理由は「外圧」であって、本人の考えはこの通りだと思います。野党からは辞任だという声が上がっていますが、自民党も公明党も問責決議案が出された時は反対するとしています。ということは、自民党も公明党も「最後は金でしょ」という理解なのでしょうね。

 「私の品を欠く」という言い訳を聞いて、笑ってしまいました。自分に品があると思っているふてぶてしさです。石原慎太郎という品の無さでは、ベストテンにでも入るお父さんの息子なのですから。

 それにしても後でどうなるかを考えない発言が多すぎます。昨日は東京都議会で、都の結婚・妊娠・出産に対する取り組みについて質問していた女性議員に対し、「そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのかぁー」「子どもは産めないのかぁー」という自民党議員からと思われる男の野次が出たそうです。

 それにしても、特に東京都議会というところは品の無い野次が多いところです。この前も女性議員の質問中に「女性は結婚、出産して一人前」とか「それもできないヤツがウダウダいうな」という野次が出たそうです。

 こういう野次を飛ばす議員が選挙の時には、「女性の社会進出を促進します」とか「子育て支援にしっかり取り組みます」などという「公約」をノホホンというから、政治家は信用されないのです。だから嘘っぽく聞こえるのだと思います。

 かつて東京都議会では、ある議員が「被爆者を絶滅するにはどういう方法を取らねばならないか」という発言を行い、議会終了後のインタビューで「都は優性保護的な見地から、子どもを持たないように行政指導すべきだ」と発言し被爆者団体や被爆二世団体から強い抗議が行われたということがありました。

 日本はとりあえず言論に自由が認められている国ですから、「最後は金目でしょ」とか「女性は結婚、出産して一人前」「それもできないヤツがウダウダいうな」と有権者に訴えればよいと思います。

 同じことを繰り返しますが、政治家の発言は取り消そうがどうしようが、間違いなく本音です。株主総会中にも、株主から品のない発言をする人がいます。それは往々にして女性に対する差別・セクハラ発言です。

 もう亡くなられましたが、中国電力の元社長の松谷健一郎さんが「原発壊れて当たり前」ということを発言したのを思い出しました。もう何十年も前のことです。これは、「当り」でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/202-5a7ef0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック