Entries

後々に火種を残さないように

 「言った、言ってない」「見た、見てない」というのは、往々にあることです。
 昨日の中国新聞に、「中電と反対派が和解 上関原発工事の妨害禁止」という見出しの記事が載っていました。

 新聞記事をそのまま引用すると「中国電力の上関原発建設計画の海面埋め立て工事をめぐり、反対派の祝島住民たちが妨害禁止の仮処分の保全取り消しを求めた申し立ての審尋が11日、山口地裁であり、中電と和解が成立した。」という記事で始まるものです。

 この記事の中で気になるのは、「住民側は、適法に埋め立て工事が再開された場合、仮処分命令で禁止された海上での妨害をしないとの不作為義務を中電に対して負うことを確認した。同(中国電力上関原発工事)準備事務所は『相手側が妨害しないとしたため、和解提案に応じた』」とした部分です。

 この記事をストレートに読む限りでは、何時の日か埋め立て工事が再開された場合には、埋め立て工事に対する抗議行動を行いませんと約束したことになります。たぶん埋め立ての再開は無いものとは思いますが、今の政権ではまったく無いとも言えないでしょうし、ある意味ではこれまで行われてきた抗議行動について、「ごめんなさい」と反省したことになるとも思うのです。

 現に今は埋め立て工事が行われていないのですし、行われていないのですから、当然「妨害」行為もあり得えないと思うのですが。

 新聞によると「山口県が公有水面埋め立て免許の延長申請を不許可にするなどした場合、最高裁で確定した妨害禁止の仮処分命令の申請を取り下げる△調査などを妨げない限り、住民側の海域への進入は妨害に該当しない-」とも書いてあります。

 これは、中国電力ホームページに書いてあるものを、分かりやすく解説したものです。山口県が埋め立て延長を不許可にした場合は、妨害禁止を取り下げるのは当然でしょう。

 この和解を担当した代理人弁護士さんに訊ねてみました。それによると、和解に対する、自分(中国電力)の勝手な評価ですね」とのことでした。まだ、和解文書は出来上がっていないようですから、その中身を見ることは出来ませんが、後々に火種を残すものにならなければとは思っています。

 誰もが、紛争は出来るだけ無い方が良いのは当然です。僕も、和解をまったく否定するものでもありませんし、出来るだけ和解して欲しいとも思う方です。

 だからこそ出来上がった和解文書に対して、それぞれの評価が異なってまた訴訟になるようなことは無いようにと思うのですが。
 それにしても往生際の悪い中国電力です。
スポンサーサイト

コメント

[C20]

木原さんの方が、中国新聞より、取材力があったということですね。
例えば思うのですが、インターネットで世界中の情報が見れるのに、自分達の新聞記事が社会統制に役立っているなどという、傲慢さがなくならない限り、新聞から真実を得るのは無理ではないかと思っています。まるで鎖国時代のかわら版ですよ。記事というよりは、まとめ書き、作文、報道というよりは、お知らせ、発表ですよ。
すみません、勿論、頑張っておられる、記者さんもおられると思っています。
でも、広島県庁内に記者クラブがあって、県庁を間借りしているような状態でどうやって役人や政治の不正を報道するんだ、って思います。記者クラブは政府の広報ですよ。
少し、言い過ぎかもしれませんが、きちんと取材して、できるだけ、本当の事を伝える努力をしていない新聞社は影響力を悪用しているということになると思います。
  • 2014-06-15 02:39
  • 高杉ゆかり
  • URL
  • 編集

[C21] 記事から真実を読みとること

 高杉さん、投稿ありがとうございました。記者たちも毎日多くの記事を書いているのですし、自分の専門分野だけという訳にもいかないでしょうからね。
 最近、以前記者だった人と飲む機会が3回ばかりあったのですが、最近の記事は「身体を動かしての取材が少ない」ということで考えが一致しました。
 僕の場合、記事を見て本当はどうなのだろうかと、ことの真実を探るのは僕自身だと思っています。記事はあくまでも情報のいったんです。
 ところで、できれば僕の本名は投稿に使わずに、「省ちゃん」でお願いしますね。このブログは、「省ちゃん」ですから。
  • 2014-06-16 09:56
  • 省ちゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/199-85f3c5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック