Entries

久しぶりに広島の歓楽街を歩きました

 東京へ行くという友人の壮行会が、日曜日の昼間ですが広島の歓楽街近くの場所であり、終わった後広島市内の歓楽街を一人で歩きました。流川、薬研堀という広島市最大の歓楽街です。僕にとっては、ここ数年は全く縁の無い場所になっていますが。

 若かりし頃は、まあ良く行ったものです。

 今日、この界隈をゆっくり歩きながら感じたことですが、次のような変化を感じました。
 一つには、小さなスタンドバーのような店が入っていた複合ビルが解体されて、その多くがコインパーキングになっていたことです。ほんと駐車場が増えていました。
 二つには、全国展開しているチェーン店の飲み屋が増えたことです。反対にいわゆる高級クラブのような店は、ほとんど在りませんでした。やはりこのご時世、個人経営では難しくなったのかも知れません。

 僕が若かりし頃に、友人、知人と通った店がありました。かなりの常連でした。友人と語るのも、美味しい手作り料理も、店で初めて会ったお客との会話も、おかみさんとの会話も、とても良い店でした。

 その店はいわゆる居酒屋ですが、広島で被爆したおかみさんと、姉妹と思われる女性、そして一人の若い女性が働いていました。 若い女性は親戚の娘だと聞いた記憶があります。
二人の姉妹と思われる女性は、いつも真っ白な割烹着を着て、僕のことを「キイちゃん」と呼んでいました。とても品のある方でした。一人の方の顔と手には、原爆のものと思われる火傷の痕が残っていました。

 ある新聞に、このおかみさんの事が記事になったのを覚えています。残念ながら、新聞の切り抜きは残っていません。

 その店が在った辺りをウロウロと歩きましたが、思っていた場所にその店はありませんでした。もう亡くなれたかも分かりませんし、生きておられても、店は止められたのでしょうね。当然です、もう35年くらい前の話しですから。

 店での会話は本当に楽しく、まるで母親との会話のようなものでした。最近、こんな店に出会わなくなりましたね。

 まあー来年は原爆投下から70年。おかみさんも、生きておられても80歳近い年齢でしょうから。もっと上かも知れないです。

 この店の名前をインターネットで検索したら、同じ広島市内ですが同名の店が、まったく違う場所にありました。今度、フラッと出かけてみようかと思っています。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/192-ed46339e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック