Entries

いわき市に来ています

 昨日から福島県いわき市に来ています。17日午後から~18日の午前中にかけて、反原発新聞の総会と原発事故現地の視察という日程です。17日の朝に広島を出発すると、どうしても開催時間に間に合わないので、16日にいわき市に来てビジネスホテルに宿泊しました。

 上野から常磐線の特急で、いわき市まで約2時間と少し、駅を降りると駅の前で20人くらいの人たちが、プラカードを持って原発再稼働反対の街頭での訴えをしていました。遠くから見て何人かの見たことのある方がおられましたが、あえてその人たちの前を避けてホテルに向かいました。何故ならば、上野駅の売店で缶ビールを3本買い、つまみと弁当を食べていたので、赤い顔であいさつをするのが恥ずかしかったからです。

 ホテルについてフロントで、チェックインをしていたら「ただ今の放射線量」というのが表示されていました。フクシマをガツーンと実感しました。数日間の忙しさによる疲れで、夜は外出しないで部屋でゆっくり休むことにしました。もちろん、メールやブログを書いたりはしていましたが。夕方のテレビニュースを見ていると、福島原発事故のニュースが最初でした。金曜日なので、7時30分から、NHKは東北管内だけの番組でしたが、それは「中間廃棄物」の処分場に関する特集でした。

 翌朝、バイキングの朝食を昼食分くらいまで食べて、常磐線で二駅上る「いわき湯本駅」に向かいました。いわき駅の観光案内所で湯本まで歩いて行く時間を訊ねました。優しい女性の案内所の方は、呆れたような顔で「2時間は掛かりますよ」と言われ、ゆっくり出来るのなら湯本駅の近くにある「足湯」を勧められました。駅のすぐ前にあるのは温め、500メートルくらい歩いたところのは、熱めと教えてくれました。最初に温めのところに入ると、3~4人の人が足をつけていました。

 「向こうのは熱いそうですよ」と語り掛けると、そちらに行こうということになりました。そこは、確かに熱くとても刺激的でした。この年齢になると、やはり少々の刺激が在る方が嬉しいものです。こちらの方が、設備も整っていました。ペットの足湯というのもありましたから。

 20歳代の女性とそのお母さんという方も入っていました。これぞ「男女混浴」です。同年齢の男性3人と、親子と思われる女性2人で世間話しが始まりました。僕が、「ペットの足湯と言っても、犬や猫だけじゃあなくて、ヘビやトカゲ、ワニをペットにしている人もおられますからねえー」と言うと、みんな大笑いとなりました。言っておきますが、これはナンパではありません。

 そしたら、若い女性から「どちらから来られたのですか」と聞かれました。
 「広島からですよ」と言うと、後2人の男性が「僕は九州からです。あんな事故が無ければ、ここに来ることは無かったでしょうが」と話されました。あんな事故とは、福島原発事故です。九州は熊本からだそうです 。

 僕は「ご苦労さんです。今日は土曜日だからお休みなのですか」と訊ねると、「ローテーションで働いているから、土日が休みというようにはならないのだけど、たまたま今日が休みになって、ラッキーだ」と言われました。

 その人、足湯に浸かりながら目をズッーとつむいで、しばしのゆとりの時間を楽しんでいるようでした。

 若い女性、「広島は高校生の時に大会で行ったことがあるのです。原爆ドームや宮島にも行った。市内電車が懐かしい」とも、多くを話してきました。

 最後は、広島カープやサンフレッチェ広島のことにも話題が移り、本当に楽しい時間を過ごせました。長い間足湯に浸かっていたので、足先から30センチくらいが赤くなりました。
 
 このブログを書いている今も、まだ足先が熱い感じです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/185-f51b9d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック