Entries

「美味しんぼ」

 メーリングリストなどで、「美味しんぼ」に関するものが、数多く送られてきています。まさに過剰という感じです。政府内でも取り上げられ、「遺憾である」とい発言が現職大臣からも行われ、この時とばかりに総攻撃を受けているという感じがしています。私たちの仲間からのメールや、政府の「風評被害を起こさせる。けしからん」というのを見ていると、そこまで問題にすることは無かろうというのが率直な感想です。

 僕は、メーリングリストに流れているメールは、あえて見ていません。見ていないということを前提に、僕の気持ちを書いてみたいと思います。

 被爆二世として、広島で生活してきた者として、これほど難しい問題はありません。被爆二世には、健康的な影響があると言うと批判され、無いと言うとそうではないと言われた歴史です。

 思い出すのは、ある教科書会社から発刊された、社会科の公民的分野の教科書に、次のような記述がありました。もちろん、「検定」に合格しています。

  「原爆被爆者を親に持ち、自らも原爆症に苦しんでいる人のことを被爆二世という」という冒頭の言葉から始まるものでした。僕はこのことを、あるマスコミ関係者から教えてもらって、その教科書会社に行きました。教科書会社の人と、いろいろなやり取りをした中で、その教科書会社の人が次のように言われたのです。「すみません、この記述のどこが問題なのでしょうか。どうすれば良いのでしょうか」と。
 教科書会社の人に罪は無いと思います。あえて責任の所在をいえば、この教科書を執筆した人、そしてそれを良しとした文部省の検定者です。

 また韓国に行った友人が、韓国で書店にも出ている、被爆二世の写真集を買ってきてくれました。その写真集は、「その日以後」というタイトルだったと思います。その写真集を見て、まさに吐き気さえ感じました。半身が大量の毛に覆われた人、片足を無くした人、乳房を失った女性の写真などなどが、被爆二世として載っていました。

 もちろん、広島・長崎の被爆二世です。こういう写真が日本国内でおおやけになると、大問題になると思います。二世問題を政治的に利用して、日本に金銭的な要求をすることを考えた作戦ではないかと、僕はひねくれた気持ちも持ちました。

 「美味しんぼ」問題、1ミリシーベルトの放射線でも鼻血が出る人は出るかも知れません。鼻血が出るのは、放射線だけが原因だとはいえません。被爆二世といえば、ガンや白血病などセンセーショナルな病気が言われるかも知れませんが、ガンや白血病は二世でない人でも当然かかる病気です。

 放射線の影響は免疫力の低下といった問題も含め、極めて多くの症状になると思います。そして、何も問題の無い人もたくさんいます。

 きっちりとした調査を行い、その中で統計的に「その傾向」をキチンと報告されるべきでしょう。この問題は極めて、慎重に対応されるべきです。感情的なと思われるメーリングリストの発言は、そんな理由から見ないことにしているのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/184-e42acc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック