Entries

脱原発の思想について考える

 都知事に当選した舛添要一さんが2月10日のNHK「クローズアップ現代」に出演して、厚生大臣の経験を活かして、東京都を福祉世界一の都市にすると話していました。

 出生率が日本一低く、高齢化の進む東京、特別養護老人ホームなどの不足、子育てと仕事の両立が難しい環境、団塊世代が後期高齢者に突入する2020年問題など、「福祉」を強調していました。

 番組の中では、子育て世代の若い夫婦と、高齢者世代の夫婦の生活が映像で紹介され、「原発問題も大切だけど、やはり子育てや福祉が気になる」とインタビューで語ります。

 考えようによっては、原発はエネルギー問題、放射能の問題。福祉とは違う課題だと受け取られるかもしれません。

 しかし、僕は次のような考えを持っています。原発ほど弱いものいじめの問題は無いと思います。過疎地に建設し、そこから得られる電力は都会に住む人たちが使います。放射性廃棄物もしかりです。原発内で働く労働者も、下請け孫請け構造と言われるように弱い立場の人たちが、放射能に強く汚染する仕事をさせられています。そして限度以上の被ばくをすると、使い捨てです。
 そして人間だけでない動植物も、そして福島原発事故や放射性廃棄物問題に見られるように、将来までも禍根を残してしまいます。

 戦後から続いた「大量生産、大量消費、大量廃棄」の考えも、その根底に原発構造を感じます。障害者差別、男女差別、格差社会、弱いものいじめ、などなど、これらもすべて原発構造の中に見られる思想だと思います。

 脱原発の考えが、イクオールで福祉の問題とつながるとは思いません。脱原発の思想は、もっともっと大きな視点からの、人間や自然、地球が尊重される社会の考えだと思います。都知事選挙もこのようなところまで発展させて論戦を闘わして欲しかったとも思います。脱原発社会を目指す闘いは、弱い立場の人を救う運動だと思います。

 脱原発の思想について、僕はずっとこのように思っています。そこまで発展させないと、福島原発事故は余りにも不幸だと思っています。

 みんなで「脱原発の思想」を膨らましてみませんか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/141-9c8a7cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック