Entries

アメリカ旅行を計画中です

 「二足のわらじ」を履いていた何十年の生活に、3月末でピリオドが着くために、4月になったらアメリカ旅行を計画しています。
 娘と二人です。彼女は仕事があるので途中まで一緒、残りは僕一人になります。「成田離婚みたいだなあー」と言ったら、いつものような馬鹿なことを言ってるわという感じで見られました。

 5月の連休が始まる前までには、僕は帰国しようかなあーとも思っていますが、さあーどうなることやら。でも6月には、株主総会という大切な行事もありますから、その準備をするまでには、帰らないといけないでしょうね。

 上陸は、サンフランシスコ。次にラスベガスへ行き、続いてアトランタという順番です。どの場所も、そこに住んでいる友人が、案内してくれます。
 宿泊もラスベガスのホテル以外は、全部ホームステイの予定です。どの友人も、どこを観たいかと聞いてきました。

 サンフランシスコでは、娘の希望を受け入れてアルカトラズ島。そして、僕は、サンオノフレ原発と伝えました。

 アルカトラズ島は、サンフランシスコ市からすぐ目の前にある小さな島ですが、1963年まで連邦刑務所として存在し、「ザ・ロック監獄島」としても有名です。何度も脱獄事件が起こり、この島の虐待のことを扱ったケヴィン・ベーコンが出演した映画「告発」は、今年の正月テレビでも放映していました。そのままの姿で残しているというのも魅力です。アルカトラズ島へ行くのには、この映画を観ることが必要だと思います。(ちなみにDVDを持っています)

 「62歳になったの?」というメールが、アルカトラズ島を案内してくれる友人から入りました。62歳を超えたら、観覧料金が割引きになるそうです。日本では、60歳とか65歳というように、ある意味ケジメの年齢に映画料金や、市内の公共施設料金が割引きになりますが、62歳には笑いました。日本人の律儀さも感じさせます。

 サンオノフレ原発は、日本の原発メーカーが造ったものですが、欠陥原発で閉鎖となり、原発を所有する電力会社から、日本の原発メーカーに多額の賠償金が要求されています。この問題は3・11以降に起こったニュースで、日本でも大きく報道されました。

 サンオノフレ原発は、サンフランシスコから約750キロ、2日間の行程になるよという連絡があり、この度は止めました。広島から東京の距離です。同じカリフォルニア州だからと安易にリクエストしましたが、やはりアメリカは大きな国だと実感させられます。

 旅行で一番気になるのは、為替相場です。この前まで、85円くらいで1ドルが買えたのに、今は105円くらいですねー。
 「アベノミクス」と言って、自らの国のお金の価値が下がっていることを、政策の成果だと自画自賛するのは、まさに「チョウ ど アホノミクス」です。ガソリンをはじめ、多くの輸入に頼る物の値段が上がり、庶民の暮らしを苦しめているだけでなく、旅行するにもこれまでの20%増しの費用がかかります。

 しかし、世の中多くがデフレ状態。唯一ホテルを予約したラスベガス市は、競争とデフレが影響して、宿泊料金も安くなっていたようです。ラスベガスでも、どこを観たいかと聞かれましたので、僕はネバダ核実験場をリクエストしましたが、ここでも娘の要求だけになり、何とかのショーを見物することに落ち着きました。続いてジョージア州アトランタ、ここで娘は帰国します。

 アトランタには、2年前の3・11に合わせて招待されたところです。アトランタから近いところに原発増設が計画されている、ボーグル原発に反対する行動に参加しました。ここでは、「ジョージアWAND」という、直訳すれば「ジョージアにおける女性による新しい選択を求める行動」という団体の皆さんと再会する予定です。

 無事に帰国したら、何かの手段で報告が出来ればと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/129-37974d73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック