Entries

8月を振り返って

 自宅前の通学路、今朝から小学生の歓声が聞えはじめました。こういう声を聞くとホッとしますね。やはり子どもの声というのは本当に良いものだとつくづくと思います。

 8月という月は1月と同じように、長く感じる月です。原爆の日、お盆、秋に向けての準備、そして今年は特に暑かったということで長く感じたように思います。ということで、8月を振り返ってみます。

 8月5日の夕方、「8・6ヒロシマ平和へのつどい2017」というのが開催されました。僕は毎年、このつどいの冒頭のあいさつというのをしています。このつどいに女性右翼活動家が変装して入り、そのことを産経ニュースにレポートとして載せていました。このつどいの代表者を批判するレポートともに、高校生平和大使も攻撃している文章でした。産経と女性右翼活動家の繋がりには、驚きでした。

 8月9日の長崎で、安倍首相との意見を云う会で、冒頭、長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一さんが「あなたはどこの国の総理ですか、私たちをあなたは見捨てるのですか」と言われたこと、核兵器禁止条約の交渉にすら参加しない政府の姿勢い対する言葉です。以前は、「怒りのヒロシマ、祈りのナガサキ」と云うことがいわれてましたが、それが逆転してしまいましたね。

 平和宣言にしても、政府の考えを忖度して遠慮遠慮している広島市と、云うべきことは言うという長崎市の姿勢の違いは明白です。

 月半ばの日に、友人と被爆者運動の歴史、特に原爆直後の10年間くらいの時期の被爆者運動が難しかった時期について、語りあいました。ヒロシマ・ナガサキのこの時期のことと、6年5か月のフクシマでの状況、比較し重ね合いながらの話しは、とても興味深いものでした。

 今、俳優の中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る」を9月9日に福山市、10日に広島市で開催するため、本気になって準備をしています。そのために記者会見というのを、久しぶりにやりました。会見に来てくれたメディアは2社、ちょっとがっかりでしたが記事が朝日新聞に掲載されたら、その日の朝から大げさですが、電話が何本も掛かってきました。もちろん中村敦夫さんの知名度からでしょうが、関心の深さには「捨てたもんじゃあない」という気になりました。

 週2日ですが仕事に行ってる職場で、働いている若い人がセッセと何かを書いていました。スマホを見ながら、一心不乱という感じで書き写していました。  
ちょっと感心があったので、チラッと覗くと「始末書」というものでした。なぜ「始末書」を書くはめになったのかは知りませんが、最近は「始末書の書き方」と検索すると、文例がいくらでも出てくるのですね。何でもコンピューターに頼られるのだと関心しました。こんな形で書かれた「始末書」を持って、「安心」している経営者も、「なんともイヤハヤ」という感じです。

 孫らと妻の先祖の墓や妻の兄妹らの家、そして海水浴にも僕にとっては珍しく行きました。

 そして肝心なことを書くのを忘れていました。それは「エネルギー基本計画」の改定に向けての政府の会議の第1回目が、8月9日に開催されたというニュース、この改定はこれからの原発政策に大きく影響をします。これから冬にかけてどのような展開を見せるかが重要です。

 そしてもう一つ、NHKの8月26日土曜日の朝の討論テレビ番組で、高レベル放射性廃棄物の地層処分問題で原子力資料情報室の伴英幸さんが出演していました。彼とは長い友人です。番組が終わって早速電話をしました。その時は話せませんでしたが、夕方になって電話が掛かってきました。「なかなか良かったぞー。それにしても『地層処分』という言葉を始めて知ったという視聴者からの反応があったけど、こういう人がまだ居るんだからねえー」とかいった話をしあいながら、「今朝は朝から気分が良かったぞー。良かった良かった」と激励しあいました。

 このブログを書いている時、長崎市に住んでおられる、被爆者の谷口稜皣
(たにぐち すみてる)さんが亡くなられたというニュースが入りました。よく知っている方で、特にアメリカのドキュメント映画「ダークサークル」の製作では本当にお世話になっていました。
 


スポンサーサイト

「被爆者になりたい~」

 よく「原子爆弾に遭った人は良いよねえー。病院はタダだし手当ても貰って」という言葉を聞くことがあります。こういうのを聞くのは、本当に不愉快ですが、今の日本の医療や福祉対策の遅れが、こういう妬みのようなものになるのだと思いもします。

 今年の原爆忌が終わり、友人と被爆者活動のこれまでとフクシマへの被災者対策について、話し込みました。

 原爆が投下されて12年後の1957年4月に、正式には「原子爆弾被爆者の医療等に関する法律」、属に「医療法」といってる法律が施行されました。それまでの12年間の被爆者の状況は、偏見や差別の中にありました。同じ被爆者でもケロイドが在る人無い人。国による何の対策もなく、苦しみ中のどん底でした。

 そんな中でも被爆者救済のために苦労した人、お先真っ暗の中で病気とのたたかいも在る中で、すべて手弁当で闘った人のことを忘れてはならないと思います。こんな時間が12年間もあったのです。12年間は本当に長かったと思います。

 それが1957年に「医療法」ができ、「被爆者になりたい」人が徐々に増え始めました。そして1968年の「特別措置法」の制定となり、1994年12月にこの二つの法律が一本化されて「援護法」が制定されたのです。

 「された」という言葉を使うと、何も戦いが無くて国が「してくれた」というように受け止める人も多いと思いますが、この法律を制定させるために被爆者の人たちを中心にした、血のにじむような活動があったことを忘れてはなりません。

 特に、原子爆弾投下から12年間のことを考えると、涙が出てきます。僕が被爆者援護法を成立させる運動を始め出したのは、1970年代からですから、「医療法」も「特別措置法」も制定された後で、いわゆる「安定期」といって良い状況の中でしょう。でもその頃に知りあった被爆者の人たちも、「この法律はこれから二度と、原爆被爆者のような放射線被害者を作らないという『未来の保証』を勝ち取るものだ」と、熱く語られた姿は忘れられません。

 繰り返しになりますが、もっともっとたいへんだったのは、12年後までの被爆者ではないでしょうか。誤解を招くかも分かりませんが、あの頃被爆者を差別した人が、今ごろになって「被爆者になりたい」と言ってるのではないかと思ってもしまうのです。

 福島原発震災から6年5か月、国からの施策はほとんど「何もない」状況の中で、同じ被災者の中でも差別と分断が起っている状況、1945年のヒロシマ・ナガサキと同じように見えるのです。

 そんな中でも、被爆者として戦ったヒロシマの先人たちのこと、フクシマでフツフツとした思いで活動をしている人に、是非学んで欲しいと思うのです。外部からの偏見や分断の動きを知りつつも、たいへんに困難なことではありますが、道理のある姿を示して欲しいのです。

 こんなことを語りあった友人に、「こんな本を読んだら、というのがあるかなあー」と訊ねたら、山代巴さんの「原爆に生きて」が参考になるのではと教えてくれました。

 もうすでに絶版になった本で、アマゾンでも探してみましたが在りませんでした。そうなると図書館に行ってみるしかないですね。

気になる人と電話ができました

 こんなタイトルを付けると誤解を受けそうな感じですが、そういうものではありません。

 あの名刺はどこに置いているのだろうかと気にしながら、半年以上探していました。それが、先日の約4日間に亘って行った部屋の大掃除をしている時に、見つかったのです。嬉しくて思わず歓声を上げました。

 前置きが長くなりましたが、その人とはあえて名前は書きませんが、Mさんという「交通サークル 神戸・広島公共交通研究グループ」の男性です。

 昨年の9月だったと思いますが、青春18きっぷを使って三江線に乗った時、電車の中で偶然知り合った、たぶん20歳代と思われる青年です。とても丁寧に三江線のことを話してくれました。ただ詳しいという以上の内容で、石見川本駅の近くで昼食を共にしたのです。

 それ以降、その彼はどうしているだろうか、三江線の廃止が決定し、今どういう思いでいるだろうかということが気になっていました。だから声が聞きたかったのです。でも電話をするのは、ちょっと勇気のいる気持ちもしていました。

 しかし名刺が見つかって、勇気を出して電話をしました。電話は留守電で、「三江線に乗った時に話しを聞いた者です。元気ですか」と入れておきました。そうすると、Cメールが入ってきました。今、仕事中なので夜に電話しますという内容でした。

夕 食では、ビールの量を少な目にして、出来るだけマトモな状況でスタンバイしておくことに決めていました。そしたら夕方6時前に電話、彼は僕のことを覚えておいてくれました。声を聞くだけで嬉しかったのですが、今、夏休み中なので三江線は乗る人がとても多い。座ろうと思えば、ギリギリに三次駅に着くのではなく、この電車が三次駅に着く9時21分前に、三次に行っていた方が良い。そのためには広島駅発、○○時の電車に乗ること。ちょっとお金が掛かるけど青春18きっぷの利用期限が切れた後に利用する方が良い。○月○日に、○○駅で大きなイベントが計画されている。などなどを教えてくれました。

 僕は彼の声を聞けば良いだけという気落ちだったので、電話の内容はだいたい頭をスルーしていました。でも彼が今でも頑張っているというのは、変わらなかったので凄く感動でした。

 スマップの歌で、「世界に一つだけの花」という歌詞に「No1にならなくてもいい、もともと特別なOnly One」という部分が好きです。彼がどんな仕事をしているのかも年齢も知りません。そんな彼を「No1にならなくてもいい」だのいうのは、たいへん失礼なことかも知れません。

 でも「交通サークル 神戸・広島公共交通研究グループ」代表として、熱く語る姿は「Only One」でした。それも仕事をしながら、たぶん僕の想像ですが、生活のために仕事を頑張り、もう一方で頑張るものを持っているであろう、彼の声が聞けたのは、大感激でした。

 そして有島武郎の「生まれ出づる悩み」の最後の部分、「そして僕はこの地球の上のそこここに…」のくだりを思いだしていました。彼のことをほとんど知らないのに、こんなことを書くのは失礼なのかとは思いながらも…。


上関原発を止めるために急がれること

 8月9日から「エネルギー基本計画」を改定する作業が、経済産業省で始まったというブログ記事は先日も書きました。これからの議論の経過と、どう決まるかが、上関原発の建設計画を白紙撤回させることに大きな影響を与えるだろうと、大注目をしています。

 前回の14年4月の改定では、いくらなんでも福島原発事故直後ということで、安倍政権も原発推進の姿勢は隠していたように思えます。しかし、安倍政権の支持率が高かった時期までは、今回の改定で新増設も打ち出してくるという危険性を感じていました。

 しかしここに及んで政権支持率の急降下、根強い原発反対の世論、東芝の経営危機などが、今回の「エネルギー基本計画」改定が、「本音」を隠して進めようとしているように見ています。それは冒頭での世耕弘成経産大臣の「骨格を変えるような状況の変化は起っていない」の発言に思えるのです。

 これに対し電力会社や経済界からは、今回の改定で「巻き返し」を目論んでいたようで、「原発は必要、新設も、リプレースを」という声をまさに「カラ元気」のように挙げているようです。

 どこかのメディアが、「9月の会議を欠席した、分科会委員の寺島実郎日本総合研究所会長が、どのような発言をするかが、改定作業の行方を占う」という意味の記事を載せていましたが、こんな一人の委員が決めるものではないでしょう。この記事はとても不愉快でした。

 山口県も中国電力も、「エネルギー基本計画」で新増設が決まることに、強い期待を持っていたように思えます。この「期待」については、中国電力にとってみれば「本気の期待」か、否かは微妙ですが、ともかく「お墨付き、責任転嫁」にはなるだろうと思っていたでしょう。

 昨年8月3日、山口県知事が上関原発計画地の埋め立て免許を許可した際、中国電力に対し「発電所本体の着工時期の見通しがつくまでは、埋立工事を施行しないこと」ということを要請しています。この「見通し」が、「エネルギー基本計画」で原発新設をどう示すかに、掛かっていたように思えます。

 「エネルギー基本計画」を、ほとんどが「原子力ムラ」のムラ人である18人の委員に決めさせてはなりません。「脱原発」を土台に再構築を、という8月13日の朝日新聞の社説がありましたが、とても正しい内容だと思いました。

 最低限でも、この度の改定で「新増設」には触れないということになれば、山口県知事は中国電力に上関原発は止めるように指示するのが、行政人としての常識的な判断でしょう。それよりも、せめて「新増設は無い」ことを明確にさせて、上関原発の白紙撤回をさせることです。

 そのためには、日ごろの原発反対運動とともに、特に「エネルギー基本計画」の議論の中にどう食い込んでいくかが、とても大切だと思っています。


いつも思うこと

 仕事に行く時以外の日課にしていることに、朝の草抜きがあります。雨でも実行します。小さな庭ですから、大した量ではないのですが、これをやらないとストレスが溜まるのです。逆にいえば、ストレス解消の手段にしているというのが正解かも知れません。

 今の時期は、これもほんの少しですがピーマン、キュウリ、ゴーヤ、ネギなどを植えているので、水を撒くのも大事です。

 そして草抜きをしている時に、必ず口からでるのが「野に咲く花の名前は知らない。だけども野に咲く花が好き~」という唄の歌詞です。そして、水を撒きながら思うのは、乙羽信子と殿山泰司が主演し、新藤兼人監督の映画「裸の島」という作品です。島に住む家族が畑に水を撒くために、桶(おけ)に入れた水を、島の山道を運び、しゃくで一杯ずつ畑の苗に撒くシーンです。調べてみたら1960年の作品ですから、そんなに以前のものではないのです。

 庭の水道栓から、まさに「湯水の如く」ホースで水を撒きながらいつも思うのがこの映画のことです。今の便利なことを「良いなあー」と思うのだけではなく、出来上がった物への愛情というか、それに馳せる思いとでもいうのでしょうか。

 「裸の島」では、家族が久しぶりに街に出て食堂で食事をするシーンも、なんともいえない「ホンワカ」した気持ちにさせてくれます。外食が日常のようになった今の感覚では、味わえない時間ではないでしょうか。家族の愛情、そして子どもが亡くなるシーンでは、島がゆえの厳しさを感じさせるのです。

 もう一つ思うこと、それは夜中にトイレで起きた時、必ず入れる電灯のスイッチと時刻を見ること、皆さんもそうではありませんか。

 電灯が無い時代は、トイレに行くのも怖かっただろうなあーと思うし、その時の時刻はどうして判断したのでしょうかね。今が便利だということだけではありません。その時代、時代の人びとの気持ちに心を馳せてみたいという思いです。

 この4日間、わが部屋の究極の大掃除というか、整理をしました。去年の夏頃から、やらねば、やらねばと思っていたことでしたが、やっと今日終わりました。バッサ、バッサと捨てるのではなく、書類などの紙類は一枚一枚見ながらファイルに綴じながら整理していくのですから、これはたいへんな作業でした。

 1枚プリントすればいいような物でも、どうしても何枚もしてしまう悪い性格です。これもたいへんな無駄ですね。終わったら、荷造り用のヒモで括った束が7個になりました。

 整理されたわが部屋、どうも居心地に慣れないという感じです。

安倍晋三の支持率を上げるための提言

 お盆ですね。65歳まで勤めていた職場は、みんなが同じ時に一斉に休む盆休みというのが無くて、僕は8月6日前後を休み、本当のお盆は出勤するという生活でした。しかし今勤めているところは、14日~16日まで一斉に休みのため、まったり気分でお盆を満喫しています。

 さて8月9日の長崎の日の午後、長崎市で被爆者代表の要望を安倍首相らが聞く会合がありました。その会合の冒頭、長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長が、首相に要望書を渡す前に強い口調で次のように発言したそうです。

 「あなたはどこの国の総理ですか。私たちをあなたは見捨てるのですか」と。核兵器禁止条約に対し、安倍首相は「(条約に)署名、批准を行う考えはない」と明言したことなどへの、抗議の言葉です。

 川野さんは、僕も以前からよく知っている人です。8月4日には広島市へ来ていておられて、「久しぶりですね。暑いですね」とあいさつをしていました。田上富久・長崎市長は平和宣言で「核の傘に依存する政策の見直しを進めてほしい」と訴え、被爆者らが拍手を送ったと新聞は書いていました。

 かたや広島市の式典では、安倍首相のあいさつに会場から拍手があったそうで、会場にいた友人は「びっくりした」と話していました。もちろん拍手をするのも、しないのも自由ですがね。

 さてさて下がりだした安倍政権への支持率ですが、内閣改造で少しは上向きましたが、下がり続けていますね。安倍さんの性格から、彼は支持率というのを人一倍気にしていると思います。

 そこで安倍さんに支持率を上げるための、提言をしたいと思います。それはピョンヤンに行って金正恩さんに会って、「ミサイルや核実験ではなく、平和のために政治を行いましょう。近いうちに、ソウルの文在寅さんとも3人で会う機会を作りましょう。私も努力しますから」とでも話す機会を作ることです。結果がどうでようが、安倍さんの支持率は必ず上がると思います。

 金さんが会わないというかも知れませんが、そうであっても支持率は上がるでしょう。たぶん、金さんとは性格が似ているでしょうから、以外と友だちになれるのではないでしょうか。

 小手先の支持率上昇のパフォーマンスをやるよりも、よっぽどか効果が現れることでしょう。その時は拉致被害者の蓮池透さんに同行をお願いすれば良いと思いますが。

「エネルギー基本計画」の見直し作業が始まった

 「エネルギー基本計画」の見直しに向けての初めての会議が、8月9日の午後2時から2時間の予定で経済産業省本館の会議室で、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の会合として行われました。

  「エネルギー基本計画」の見直しは、法律によっておおむね3年ごとに行われることになっています。前回の改訂は2013年から14年にかけて議論が行われ、福島原発事故後、最初の見直しということで、当初の案では事故の反省が前面に出ていました。しかし14年4月に決まったものでは、事故の反省は影をひそめました。

 この見直しでは、原発を「重要なベースロード電源」とし、原発の新増設方針は見送りというように報道されていました。しかし僕は、新増設は「見送り」というのではなく、それには「触れていない」というのが正解ではないかと思っています。

 その前の民主党政権の時には、「革新的エネルギー・環境戦略」と名づけて全国的な議論をするという経過がとられました。そして「2030年代に原発ゼロ、稼働40年で廃炉。新増設は認めず」ということを、12年9月に決めかけていましたが、土壇場になって決めなかったということになりました。この裏切り、僕が民主党(現・民進党)を信用できない政党と思う決定打になりました。

 それから2年前の、2010年6月の民主党政権の「エネルギー基本計画」では、福島原発事故前をはいえ、2030年までに原発比率を約5割、14基以上新増設という方針を出していた政党です。この時は鳩山政権から菅政権への移行する時期です。ついでですが、原発を推進していた小泉純一郎さんは、推進していたことを反省していますが、民主党からは今でも反省は聞こえてきません。

 という前提の中で、「エネルギー基本計画」の見直しの議論が始まったのです。僕は、特に上関原発の行方を考える上でも、この「エネルギー基本計画」の議論はとても重要だと、いろいろな場所で話していました。しかし、皆さんあまり感心を持っていなかったように思っていました。

 9日の会議には、「総合資源エネルギー調査会基本政策分科会」委員18名の内、坂根正弘分科会長(コマツ相談役)を含め15名が出席し、政府側からは世耕弘成経産相を筆頭にズラッと13名の官僚が出席しています。

 世耕大臣からは「(前回見直しから)まだ3年しかたっていないので、骨格を変える必要はないのでは」との発言があったようですが、参加した委員からは、「原子力について現状再稼働が進まず、『信頼』の回復が十分ではない。『2030年度に20~22%』に向けてかい離がある。そのために新増設やリプレースも長期的な視野で考えていく必要がある」という指摘があったそうです。

 この3年間、高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉となり、核燃料サイクルは回らないものになりました。また原発から30km圏内の周辺自治体の再稼働同意なども無視をされ、再稼働を進めようとしています。

 分科会委員のメンバーは、ほとんどが原発推進の「有識者」といわれる人です。こんな人たちだけの「密室」での議論で決められのでは、堪ったものではありません。

 「エネルギー基本計画」見直し問題は、引き続き書いていきます。

72年目の8月が始まりました

 原爆から72年がやってきます。広島のこの夏は、特段に暑いと感じます。知り合いから「忙しいでしょう」という言葉を掛けられますが、原爆の日が来るから特に忙しいというほどではありませんが、昨日は、まずは朝9時から原水禁大会に参加する人に配る資料の袋詰め作業を手伝いました。約3000人分の袋詰めですから、40人ぐらいが手伝いました。年ごとに、資料の数が少なくなっているように思います。

 気にしているのは、全国の人たちがこの時期に広島に来ることに、どれだけの意義を思っているだろうかということです。広島に住んでいる者としては、全国の人たちの期待に応えているだろうかという疑問でもあります。

 広島に行って、「よし頑張るぞ、良かった」という気持ちなってもらうために、どういうことを日頃からメッセージを発信しているかでしょうね。

 袋詰め作業の後は、福岡県宗像市から来ていた友人と話しをし、昼食を一緒にしました。彼とは、2012年3月にアメリカ・ジョージア州アトランタ市からバスで約3時間のところで開催された、1年後の「3・11」集会で会ってからの友人です。東芝問題で有名になった、ボーグル原発の建設に反対する集会でした。彼の職業は「庭師さん」というか、造園業を長くやっていた人です。

 彼は定年退職後、世界中のいろいろな所へ行ってます。昨年の12月頃からネパールのカトマンズ行って、2015年4月のネパール大地震の復興のための、作業をしていたということです。カトマンズといっても彼が行ったところは、カトマンズから東北へ80km、バスで5時間くらい走り、そこから4時間は徒歩というボーテ・フィリピン村という標高1500m、住民800名の小さな村だったのです。4輪駆動のジープで行けば、6時間くらいで着くそうですが、そこで診療所の建設や生活水供給の工事、倒壊した寺院の修復、小学校の再建などをしていたそうです。

 興味深い話しをたくさん聞き、写真や映像も見せてもらいました。僕が感動した写真は、小学生と思われるような女の子が、たくさんの薪を「背負子」におい、歩いているものでした。

 今月4日から彼の住む、福岡県の遠賀信用金庫・みやじ支店でネパール支援活動・写真展を開催するそうです。今年の12月頃から、再度現地を訪ねるそうで「1週間くらいだけど、いっしょに行こう」と誘われました。結構安く行けるようですが、そこに僕が耐えられるかが、大きな疑問です。

 その後は、フランスの大学の比較民俗学・社会学研究センターの博士課程に所属している女学生に上関原発の話しをしました。上関原発のことを研究論文に書くそうです。たいへんなテーマを選んだものです。一通り話しをし、疑問点や質問したいことを纏めて、9月にまた会うことを約束しました。

 こんな感じの「8・6」前の一日でした。原爆の日の前だからという意味ではない、一日でしたが原爆ドーム前の電停から電車に乗って帰りました。8月1日この日から電車の運賃が値上げしていました。どうせ上げるのなら、8月6日が終わってからなら広島電鉄もカワイイのですがね。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック