Entries

プロの活動家か?! 

 「気を悪くするかもしれんけど、言ってもいいかなあー」と、仲の良い友人が話しかけてきたことがありました。僕は「悪くしないから、どうぞ」と云うと、彼は僕のことを「アカだと言ってる人がいる」と、申しわけなさそうに話しました。

 友人の年齢は僕より一回りくらい下ですから、50歳代の「いい大人」です。僕のことを「アカ」だと云ってる人がいるということよりも、友人が「気を悪くするかも」と前置きし、申し訳なさそうに、話したことの方が僕は衝撃でした。

 まだ「アカ」というのが、すごく差別的というかそんな風に扱われているということです。上関原発建設問題が公けになった最初の頃ですから、もう30年以上も前のことですが、反対運動の拠点と言われている祝島のことを、原発推進派が出したと思われるチラシが「祝島がアカの島になる」と書いたことがありました。

 その時代ならまだしも、今でも「アカ」という言葉がそんなレッテルになっていることが、驚きだったのです。

 東京都議選の最後の日、安倍晋三さんが秋葉原で演説した時、多くの人から「アベ辞めろ」のコールが起こった時、安倍さんがコールの方向を指さして「あんな人たち」と発言したという事件、話題になり今の安倍政権の支持率低下の大きな原因になっていると思います。

 この事件後、政府の中から「彼らはプロの活動家…」という「見解」が出てきて、こういう連中は特殊な人という「分断策」がされました。

 「プロの活動家」、プロといえばこれで「メシを食っている人」というようになるのでしょうが、こういうことをやるヤカラは「プロ」というようにレッテルを貼る「分断」は、「アカ」というのと同じように思われました。

 僕ごときでも、「活動のお金はどこから出ているの」という意味のことを問われることが何度もあります。「日当はいくらでやっているの」とかも、あります。 
 NPOとか労働組合や、大組織では活動でメシを食っている人は、何人もいることでしょう。しかし私たちの市民運動では、ほとんどの人が仕事をしながらで、活動費用は自らの持ち出しです。そういう形での運動というのは、「信じられない」という考えがまだ残っているというのが、まさに時代遅れを感じました。

 僕もあるNPO団体の賛助会員として、年に万の単位の会費金やカンパ金を払い、自らの会の活動は会員からの会費や、カンパ金でやっているのだということを、分かってもらいたいと思います。

 中国の人権活動家、劉暁波(リウシアオポー)さんの死、それに対する中国政府のまさに恐怖すら思わせる対応は許せません。しかしその裏返しは、中国政府自身の「ビビリ」ですね。

 しかし劉さんと妻の劉霞(リウシア)さんとの夫婦愛、すごいですね。09年12月、再び拘束された裁判の一審判決前の最終陳述で劉暁波さんは妻の存在について「この20年で最も幸運なことと言えば、妻劉霞の無私の愛だ」と述べ、さらに「たとえ私が粉々になっても、灰になってあなたを抱擁するだろう」と。僕はこんなことを妻には言えない、もちろんお互いにでしょうが。それにしても、妻の劉霞さん美しい人です。



スポンサーサイト

北朝鮮が「プルトニウム増産か」報道

 大前提で言っておきますが、日本における報道などを見ている限り、北朝鮮の政治体制が良いとは思いません。日本に住んでいる「北朝鮮系」の知人・友人は何人もいますし、仲良しです。しかし残念ながら現在北朝鮮に住んでいる知人はいません。ぜひとも友達を作りたいと思っています。

 北の指導者は良くないとは思いますが、それは日本も一緒でしょうね。まさに「どっこい、どっこい」、指導者が悪いから国民も悪いと言われたら、僕だって大迷惑です。

 北朝鮮が核実験を行ったり、ミサイルを発射したりする報道を見るといつも思うことがあります。特に核実験の場合ですが、「この核実験で周辺住民や環境に影響は表れないだろうか」という心配です。地下核実験でも、大きな影響が出るのですから、それが隠されていることで、ますます気になります。

 北にも広島・長崎の原爆被爆者が住んでいますが、それらの人には何の救済措置もされていません。「被爆者はどこにおっても被爆者」という、被爆者救済の原則に戻れば、国交が無いからということで何の努力もしないことにはならないと思っています。

 その北朝鮮が「プルトニウムを増産か」、という新聞記事が7月16日に載りました。米国の大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」が、分析したというものです。プルトニウムの生産量は不明としていますが、再処理施設の温度が高かったということで、この発表になったようです。

 スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は、北の持っている核弾頭について、昨年の分析では最大10個と推定していたそうですが、今年1月時点では10~20個に増えた可能性を報告しています。こんな「百害あって一利なし」のプルトニウムなんか、持って欲しくありません。

 一方この日本、原発から出てくる使用済み核燃料を再処理して、生みだされるプルトニウムは高速増殖炉の燃料として使うと、それは「夢のエネルギー」だという大嘘を言ってきました。「きました」という過去形ではなく、今もそういう意味のことは言ってます。

 しかし、昨年福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」は、莫大なお金を費やしながらも、廃止されることになりました。いまやプルトニウムの使い道は、核兵器しかありません。電気事業連合会は、プルトニウムを普通の原子力発電所で使うというプルサーマルを、10基以上の原発で行うという計画を言ってますが、やっかい物の処理のツジツマを合わせでしかありません。

 そうなのなら、もうこれ以上プルトニウムは作らないというのであれば、まだ理屈にあうとは思いますが、一方で青森県の六ヶ所村再処理工場は運転を始める、第二再処理工場も建設するという姿勢です。

 日本には、48トンのプルトニウムが存在するとされています。フランスやイギリスに保管されている物も含めてですが、北朝鮮どころではありません。原発級のプルトニウムでも、約8キログラムで核兵器が1個出来るとされていますから、48トンでは6000発の核兵器です。北の数を20個としても、その300倍です。

 日本は北より理性があるから、平和国家だからなど「意味・根拠不明」なことを言う人もいますが、いつまでこんな「ノウテンキ」なことが言えるのでしょうかね。

跋文を書きました

 やっとという感じですが、来週19日に橋爪文さんの「8月6日の蒼い月」という本が出ることになりました。1年半ほど苦労しましたので、ホッとしています。

 そしてこの本の「跋文」というのを、僕が書きました。「ばつぶん」と読むそうですが、初めて聞いた言葉でした。調べてみると、終わりに書く「あとがき」だそうです。そして、この跋文の一部が帯文としても使われることになりました。書店でも販売されますので、是非とも読んでいただきたいと思います。自慢になりますが、この跋文を紹介させてください。

橋爪文さんと蒼い月

 橋爪文さんは私のことを「省ちゃん」と呼び、私は「文さん」と呼ぶ。「広島の息子」と紹介されることもある。

 私の両親と母方の祖父母、二人の姉が広島で被爆した。爆心地近くに住んでいた祖父母は即死であった。
すぐ上の姉は1946年2月生まれの胎内被爆である。私は原爆から4年後に生まれた被爆二世である。私が4歳の時、父親が急死した。背中から腕にかけて大やけどをしていた母だが、母は3人の子どもを抱えて、たいへんな苦労をしながら私たちを育ててくれた。すでに母も胎内被爆の姉も亡くなった。だから文さんと会うと、どうしても母の面影と重なりあう。

 これまでたくさんの被爆体験記を読んだし、体験談を聞いた。それらの体験の多くは、悲惨な地獄絵に終始する。もちろん悲惨なのは事実だが、それだけでは聞かされた私は、ただ頭を下げるしかない。

 しかし文さんのものには、その中にあって生身の人間としての苦しみとともに、生活の中で感じたちょっとしたところに生きる工夫があり、楽しみがあり、生きる上での知恵を感じ、また本人は直接告白されてはいないが、たぶんこれは恋だなあーと思われる場面もある。そして心身ともに苦しい状況の中にあっても、希望を持って生きなければという決心のようなものを受け取る。

 本の題名も以外とすんなりと「8月6日の蒼い月」と決まったが、あの中にあっても蒼い月が励ましてくれたのだろうか。
 
 本能として持っている詩人としての感性だろうか、人や自然、未来に対する洞察力には凄まじいものがある。しかしその根底には、常に優しさが流れている。

 昨年3月末現在、被爆者健康手帳を持っている被爆者の数は約17万4千人となった。逆に原爆慰霊碑に奉納されている過去帳に記されている被爆者は、30万人を超えた。

 今年は原爆投下から72年、70年の時には「節目」といわれ、昨年、現職の大統領としては初めてとなるオバマ米大統領が平和公園を訪れた時は、「区切り」といわれた。

 しかし、日本政府の「原爆投下などまるで無かった」かのように、戦争への道を歩もうとする姿を見ていると、ヒロシマを「節目」として「区切り」としてよいのだろうかと、つくづくと感じる。

 そんな中で、生き残っている被爆者として文さんの中に「伝えておかなければならない」「残しておかなければ!」という気持ちが強く働いたのだろう。その気持ちが、書くことのエネルギーになったのだと思っている。

 「ヒロシマの在るこの国に生きた者」として、多くの人に読んで貰いたい。そしてみんなが「蒼い月」を持って欲しいと思っている。


なぜ今ボーリング調査をするのか

 6月28日の中国電力株主総会が、29日の山口県議会の一般質問が終わるのを待っていたかのように、30日に中国電力が上関原発予定地のボーリング調査を始めました。ついでに言えば、5月17日プレス発表の時、6月中に始めることを予告していましたから。

 3・11以降、上関原発の建設工事は凍結され、上関町もそれまでの原発推進と反対の人たちの中にも、厳しい対立構造は比較的に静かになっていました。しかし昨年の春、清水希茂社長になりとても挑発的な態度が目だってきました。

 祝島では島民の人間関係の分断するための、汚い露骨な工作を進めています。上関原発建設に反対している、建設予定地の正面約4㌔にある祝島の漁業者は「原発建設のための漁業補償金は受け取らない」という強い考えで、計画が浮上して35年、その姿勢を貫いてきました。

 しかし、祝島の補償金分の約10億8000万円を預かっているという形になっている山口県漁協は、何とかして祝島の漁業者にお金を握らせて分断をさせようとしています。この工作の背後には中国電力が山口県が在ります。

 月に1回、上関原発工事事務所の社員を、「ご理解を得る活動」として、祝島へ行かせています。5月24日は、ボーリング調査を説明するとして、いつもより一人増やして祝島へやってきました。祝島の人たちは「祝島へ来ないでほしい。住民の人間関係が分断されるから」という言葉で向かえました。

 2014年に制定された国の「エネルギー基本計画」は、新設原発である上関原発は触れていません。安倍晋三首相にしても、原発を所管する経済産業省も「新設原発は無い」と明言しているのです。それでも、中国電力は「上関原発は必要」ということを言い続けているのです。まさに「国策違反」です。

 この3月28日に中国電力は「長期電力需給見通し」というのを発表し、これから10年後の電力需要予想、そして供給電力量を発表しました。これから10年後の一番電力需要が多いと云われる夏場でも、上関原発も島根原発3号も含まれないでも、約4分の1の電力設備は余るというデータを自らが明らかにしているのです。このデータ、同様の物を昨年も発表しておりましたが、昨年のものよりも、今年の方が電力余りは加速しているのです。

 ボーリング調査の実施について、この冬にも改訂される予定の「エネルギー基本計画」で、国が新増設を容認する可能性を見越してのことだと新聞は報じていました。

 それにしても、中国電力とともに何とも腹立たしく思うのは、山口県の態度です。岩国基地への米海軍厚木基地からの空母艦載機61機の移転を、容認すること、いくらアベシンの足元とはいえ、中国電力の言いなり、国の言いなりが過ぎるのではないでしょうか。

 今日、「日本と再生」という映画を観にいきました。福島原発事故を受けて再生可能エネルギーに舵をきっている世界の国の姿勢は、本当にうらやましく思いました。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック