Entries

あきらめから希望へ

 1987年12月に発刊された「あきらめから希望へ(発行:七つ森書館)」という本があります。原子力資料情報室の代表をしていた高木仁三郎さんと、哲学者の花崎皋平さんの対談集です。この本には、「生きる場からの運動」というサブタイトルが着いています。

 高木さんは2000年12月に62歳で亡くなられましたが、花崎さんは現在86歳ですが、元気に活動しておられます。

 戦前の治安維持法を思わせる共謀罪の傲慢成立、強行される原発再稼働、信頼できない裁判所、憲法改悪の動き、一方で核兵器禁止条約に賛成しない被爆国日本の政府、福祉の切り捨てなどなどの中にいると、僕の心の底にある「あきらめ心」が膨らんできそうです。自分自身の中にある「あきらめ心」と、「そうではいけない」という心との、闘いの中で日々を過ごしているようです。

 高木仁三郎さんとは「省ちゃん、仁さん」という関係で、僕は高木さんを尊敬し、高木さんは僕に対し「過剰」な期待を持っておられました。その期待に応えられたか否かは、今になっては分かりません。

 高木さんは、相手側の戦略は「なにをやってもダメだ!」という、あきらめさせるというのが目的だから、「あきらめない」ことの大切さを話していました。

 高木さんから謹呈されたこの本を改めて読み直し、考えていました。ちょっと長いのですが、【まえがき】の中で高木さんは次のように書いています。1987年の物ですから、「世紀末」という言葉が使われていますが、読んでみてください。

 世紀末に向けて坂道をころげているような時代状況がある。国家の存在が次第に大きなものとなり、管理主義的な傾向と相まって、市民の自由な営みが押しつぶされようとしている。一方において科学技術文明の暴走も顕著である。私の多くの友人たちが危機感を募らせている。たしかに悲観的材料には事欠かない。しかし状況の悪さを声高に叫び、危機感だけで人を動かすような運動はもういやだ。
状況の表層だけを見ていると、たしかに悲観的になるが、眼をこらし耳をそばだててみよう。状況の底部で、かすかな、しかし着実に新しいものが胎動し始めているのを感じとることができる。それはまだほんのささやかな萌芽にすぎないが、わたしとしてはその芽を育てることに、これから生きてゆくことに希望を託してもよいという予感がある。

 昨日の朝日新聞「ひと」の欄に、地球温暖化の危機を訴えるマーシャル諸島の詩人、キャッシー・ジェトニル・キジナーさん29歳が出ていました。米国のパリ協定離脱で、温暖化対策の先行きに無力を感じないかという問いに、即座に「ノー」。「だからこそ、活動に火をつけてさらに前に進む時だと思う」。

 米国の南太平洋上での核実験で大きな被害を受けているマーシャル諸島の人たち、だからこそ強い連帯感を感じるのです。



スポンサーサイト

真庭バイオマス発電所見学

 14日にして今月初めてのブログになってしまいました。頭の中から抜けないのが、28日に行われる中国電力株主総会のことです。事前質問書は何を出そうか、会場内質問はどれを取り上げようか、株主提案議案の補足説明はどうしようなどなどが頭の中を巡りめぐっていました。

 といっても、祝島へ枇杷狩りに行ったり、修学旅行の碑めぐり案内、いろいろな会議、証券会社のやる講演会とか、劇の観賞に行ったりとの生活です。こんな時間を過ごしていると、中高生の頃に試験が近づくと、部屋の掃除や模様替えをしていた時を思い出します。掃除や模様替えなどをあえてこの時期にやらなくても、と思いながらも昔からこういう癖があるのでしょうね。

 そんな中、ワールド・フレンドシップ・センターのピースセミナーの皆さんと、1泊2日の予定で岡山県真庭市のバイオマス発電所見学に行ってきました。僕以外は全てが女性で、皆さんとても勉強熱心な方ばかりです。僕は長い間このセミナーの講師という立場にいるのです。

 真庭市は9の市町が合併してできた、岡山市よりも広い岡山県で最大の市です。四国の香川県の半分くらいの面積だとも言っておられました。人口は約4万6千人、面積の内、約80%が森林です。

 最初に真庭市役所に到着、市議会議員をしておられる知人が待っておられて、大まかな真庭市の話しを教えてもらいました。その前に真庭市役所に着くと、プーンと木の匂いがしてきました。市議会議場は総木造りです、これにはみんなが大喜びでした。「うちの孫の学習机をこれで作って欲しい」という声も聞こえました。

 市役所は旧久世町にあるのですが、JR姫新線の昼間ダイアは1~2時間に1本の電車しか来ないのですが、その駅のトイレはオール木造りで数千万円を掛けたそうです。ピースセミナーの皆さんはこれにも感動して、みんな使っていました。

 真庭市役所の電力は、市役所内にあるバイオマスボイラを使った冷暖房を使い、後は屋上の太陽光発電、そして真庭バイオマス発電所が発電した電力を使っています。

 バイオマス発電所の燃料とあんる木材は、木材集積基地と呼ばれるところには、大きなトラックから、軽トラに載せられた切り立ての木材が運ばれていました。入ったところで、車の重量が測定され、木材を降ろした後に再び測定されて、その差額量でお金が払われるそうです。

 バイオマス発電所の中も見学させてもらいましたが、1万kwを発電するものですから、大きな規模です。ほとんどが真庭市で獲られた木材だそうで、まさにエネルギーの地産地消を見た感じでした。

 宿泊は有名な湯原温泉の旅館で、女性の皆さんは遅くまでおしゃべりをしておられたようですが、僕は大きな部屋で一人静かに眠りにつきました。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック