Entries

東京で国際会議

 23日~24日に東京で開催された、「日米原子力協力協定と日本のプルトニウム政策国際会議2017」というのに参加していました。「原子力資料情報室」と「憂慮する科学者同盟」の共催によるものです。この「憂慮する科学者同盟」というのは、世界中10万人以上の市民と科学者から構成される非営利団体で、設立から48年という長い歴史を持つ団体です。

 会場になった場所は、渋谷区の国連大学エリザベス・ローズ国際会議場というところで、青山通りを隔てて正面には青山学院大学が在りました。箱根駅伝で強いあの大学です。この会議の案内を見て、すぐに参加を申し込みました。主催者の方に訊ねると、僕が参加申し込みのトップだったそうです。

 来年7月に、現在の日米原子力協力協定は30年間の期間満了を迎えます。30年前というと1988年、中曽根首相とレーガン米大統領のいわゆる「ロン・ヤス時代」です。といってもこの協定は1955年に最初のものが締結され、3回の改定を経て現在になっているのです。もう少し戻れば、1年前の1954年に当時のアイゼンハワー米大統領が演説した「アトムズ・フォー・ピース(平和のための原子力)」にさかのぼるのです。

 1955年の協定は、その内容は米国から日本への研究用原子炉の売却又は賃貸及び資材・情報の提供や、濃縮ウランの賃貸、などが決められました。それから3年後の1958年の1回目改定では、主な部分は研究用原子炉という表現から発電用原子炉になりました。それから10年後の1968年改定では、それまで核物質や技術の契約は国だったのですが民間企業でも可能になり、使用済み核燃料の再処理をすることも認めました。しかし、この時は再処理も原発建設もそれぞれに米国との同意を得るという「個別同意」でした。

 それが1988年では、同意が個別同意から包括的事前同意ということになり、日本にとってはやり易くなったということでした。1988年の協定の主な点は、①「原子力の平和利用」に関する日米間協力、②協力によって導入された施設や核物資を用いた核兵器製造の禁止、③核物質の移転、再処理の包括的事前同意、となりました。

 ちょっと難しく書いてしまいましたが、NPT(核拡散防止条約)で、核兵器を持つことが認められていない日本に、核兵器の原料になるプルトニウムを作ることを認め、そのための原発建設・運転を特別に認めたということです。

 その背景は何であったかは難しい部分もあるのですが、僕は当時の中曽根首相の「日本列島は米の不沈空母になる」と言ったことへの、レーガンからの「お土産」だったかも分かりませんね。それと何といっても、原子爆弾被爆国である日本に対し、「特別に」原発や再処理を認めることで、日本の中での「核アレルギー」を無くすことにあったのでしょうか。

 そんな協定が来年の7月に改定期を迎えるのです。改定の選択としては、自動延長、協定終了、協定再締結という三つの選択肢が在ります。双方が何もしなければ、自動延長となります。自動延長だと一方の国が解約を通知すると6か月後に協定終了となります。日本政府としては最も望むのは、協定再締結だと思いますが、再締結になれば双方の議会での承認手続きをしなければなりません。日本では民進党のあの態度だと簡単かも知れませんが、米国はトランプ大統領の誕生で、この人のこの問題への態度が見えていませんし、担当の政府役員も選任されていない中では、何もしないで自動延長止む無しと思っているのだと思います。

 しかしとっても大切な問題は、3・11福島原発事故です。3・11によって状況は一転したのです。原発は要らないの強い世論の中で、原発を止めるためには協定を終了させることが求められていると思います。

 会議の話しよりも難しい説明が長くなりましたね。会議を準備してくれた皆さんがとても若返っていることは、とても気持ちの良いことでした。日本からも海外からの発言者も、ほとんどの人が僕よりも若い人でした。僕は人間的な成長はほとんどしていないのに、年だけは取ったものです。そのことを実感して、孫の大好きな草加せんべいを買って帰りました。

スポンサーサイト

東芝

 東芝といえば「TOSHIBA」と書いてあった炊飯器をわが家が購入したのは、僕が小学生頃だったと思います。それまではカマドでご飯を炊いていたのですが、ご飯炊きを電気製品がやってくれるのだと、強く感動したものでした。古い家の中に、電気炊飯器は威張ったように存在していたのをアリアリと思い出します。

 僕は東芝の株を1単位1000株ほど持っています。先の見通しも考えないバカな奴だと思われるかも知れませんが、それを承知で昨年春に購入したのです。

 ある意味、今のような状況になるであろうということは想定していました。東芝が米国のウェスティングハウス社を買収し、原発建設をメインにしている会社だからです。そこの株主なって、株主だからこそ得られる情報を得たいということと、機会があれば株主代表訴訟も出来るし、「もの言う株主」となりたかったからです。

 そして福島原発事故の翌年、米国の女性平和団体から米国に呼ばれました。3・11に合わせて米国のジョージア州アトランタ近くにある、ボーグル原発の建設に反対する集会に参加しました。このボーグル原発はウェスティングハウス社が建設をしているものです。この地での3・11集会だけでなく、前後に行われたミーティングや交流会などへも参加しました。もちろん建設地には東芝という字を何度も見かけました。

 東芝は2015年にも不正会計事件が発覚しています。マスコミは「不公正な会計処理」というように書いていましたが、比べるのはあのライブドア事件の時、東芝の「不公正な…」事件よりも、その額は小さかったのですが「粉飾決算」とされ、ホリエモンこと堀江貴文社長は逮捕され収監されていたのです。東芝は「不公正」で処理され、ライブドアは「粉飾決算」でやられたことに強い違和感を持っていました。

 それから今回の出来事、これは事件とは言えないでしょうが会計処理よりももっと大きな影響を及ぼすことだと思います。

 購入した時の株価は、1株280円くらいだったと思います。それが先週末の17日の終り値は184円となっています。会社再建中という位置づけにあり、もちろん配当がある訳がありません。損失は1株約100円ですから、1000株で10万円となりますが、まあ売らなければ損にはなりません。

 ただし東芝株は東京証券取引所から「特設注意市場銘柄」に指定され、3月以降に指定の解除か上場廃止の判断が出る見通しで、これからの展開に強い関心を持っています。東芝さん、原発建設にはきっちりと見切りを付けて廃炉産業に舵を切りましょう。

 それにしても今回の問題で、政府が表向き「知らんふり」をしていることが異様です。そして東芝から株主に対し、なんの説明も送られないのです。「それどころじゃやない」と開き直られるかも知れませんが、そんなものではないでしょう。

 株主としては、東芝が廃炉産業でこれから大きく成長して株価も上昇して欲しいのですが。

ゴマメイ安倍くんの日米首脳会談

 安倍晋三首相とトランプ大統領がフロリダでゴルフをしている時、ゴルフ場の周辺でトランプの政策に抗議の意思を示すプラカードを掲げた人たちが、集まったというニュースを聴いて、プラカードを掲げた人に申し訳ないという気持ちから、日本人として何とも情けないという思いを持ちました。

 中東7か国からの米国入国を拒否するという大統領令に対し、ヨーロッパ諸国の首脳クラスの人からトランプに対し、「それは良くないですよ」という意見が出されているのに、安倍晋三くんは首脳会談でそのことについては一言も触れないということ、彼が大好きだったオバマくんもトランプを非難しているのに言わないという態度、これが国を代表する人の態度かと本当に腹立たしい思いです。

 「それなら日本で難民を多数受け入れます」とでも語ればまだしも、トランプから「日本は最強の同盟国だ」とおだてられて、バカ顔丸出しで笑っている姿はまさに「ド・バカ大将」です。

 トランプにしても、入国拒否問題で米国はもとより世界中から非難が相次いでいる中、この問題には何も言わない「安全パイ男」が嬉しげにやって来たのですから、ちょっとした息抜きというか自分自身への批判を避ける戦術としては、それなりに効果があったのでしょうね。

 ちょうど夕食中に北朝鮮が弾道ミサイルを発射させたということで、安倍くんは「待ってました」とばかりに、批判の発言を連発していたようです。トランプさんはこういう問題については「疎い」ところがあるようで、ここでは安倍くんは、まさにハイテンションでしたね。

 米国に住んでいる中東7か国からの人が、出国すると米国に戻れないという政策、日本でも同じことをしているのです。北朝鮮出身の在日の人はいったん祖国へ帰ると、日本に戻って来れないということ、「核・ミサイル・拉致」の問題での「制裁」としてのようですが、これは米国の政策と同じです。

 今なんでミサイルを発射させるのか、1月8日の金正恩くんの誕生日の時には核実験を行わなかったので胸を撫でおろしていたのですが、本当に残念至極です。しかし北朝鮮の国民には何の罪も無いと思うのです。

 上司にはペコペコするが、部下にはすぐに怒るというタイプの人間はどこの世界にも存在していますが、僕はこういうのを「ゴマメイ」と言っております。「ゴマすり名人」という簡単な意味ですが、まさにゴマメイ安倍くんです。


元気に仕事をしています

 少しご無沙汰でした。今月から週2日ですが仕事をしています。このことはお知らせしたと思いますが、といってもまだ4日しか行ってません。来月からは原則的には月曜日と水曜日を固定する予定にしています。

 仕事の内容は、病院内にある精神科デイケアセンターでの「送迎及び精神科デイケア業務」となっており、とても気に入ってます。こういう仕事を経験してみたいなあーと思っていた時に、誘いがあったのです。

 僕は会社勤めをしていた時、会社員としての仕事と主に反原発運動の「二足のわらじ」を履いてきました。それが65歳で会社員を退職したら「一足」になったのですが、どうも精神的にアンバランスという気持ちを持っていました。

 活動に専念できて良いだろうと思われるかも知れませんが、仕事世界に身を置きながら、活動をするというのが僕のスタンスでした。65歳の時、大手のマンション管理会社の人から「うちの会社の渉外部で仕事をしないか」との声もあったのですが、これは相当にキツイ感じだったので断っていました。

 今、出勤の日は朝6時10分起床で、近くのJR駅7時25分に乗るのですが、毎日約1万3千歩を歩きます。最近メタボ傾向で取りたいと思っていたので、とりあえず3か月後のデータを期待しています。

 デイケア―に来られる方は、患者さんとは言わないで、お客さん(様)と呼びます。うつ病とか統合失調症、精神分裂症、アルコール中毒という方が多いようですが、どうも○○症とか○○病というように病気を決めつけて言うことに疑問を持っていました。

 誰だって、うつ状態は在るしトーシツ状態もあるし、分裂状況もあります。回答は一つしかない、一つだけで選ぶという小学校から大学までの試験教育が反映しているのでしょうかね。ほとんど多くの人は、こういう精神状況の中をクルクルと回りながら、日々を過ごしているのではないでしょうか。

 まだ4日間ですが、お客さんからいろいろな悩みの相談もありました。確定申告のこと、電器のLED化に関すること、人間関係、家族に買って帰りたいお菓子のこと、どれも僕たち「健常者???」とその根底は全く同じだと確信しました。

 朝、夕は送迎ということでワゴン車に乗るのですが、行くところ行くところで同業者の車を見かけます。乗っているのは車いすの人、食事の介助が必要な人などさまざまだと思いますが、これからの時代このような仕事の需要はどんどんと増えていくでしょうね。とても大切な仕事ですから、やっぱり働く人の待遇の改善が必要だとも思います。

 送迎だけをしている人は、午前中の2時間半くらいと午後もそれくらいの時間を働いている、それも施設から近いところに住んでいる比較的高齢者が多いようです。1日中働いている学校を卒業したばかりのような若い人には、やはり働きがいを持ってもらうためにも、待遇改善が大切だと思いました。

 休憩時間に、たぶん国家資格試験を受けるための受験勉強をしている若い人がいました。頑張って合格して欲しいなあーと、心の中で声援を送りました。

70歳になったらパスピーが貰える??

 満70歳になったら広島市からパスピーが貰える!、「よし70歳になっても頑張るぞ!」という気持ちでおりました。その制度が、どうも怪しくなりそうです。

 広島市には「広島市高齢者公共交通機関利用助成制度」というのが在り、高齢者が積極的に外出し、社会参加できるように支援していこうという趣旨から、1993年度から年間8,640円の助成をするというのが導入されました。。やがてバスカードやパスピーというプリペードカードの乗車券が導入されたために、金額が年間6,000円になりましたが、制度は維持されてきていました。

 もちろん所得制限が在ります。助成の内容もパスピー、JR回数券引換券、など8項目の助成内容から選択するようになっています。

 広島市はこの制度が「買い物や通院などにも利用されており、社会参加に使われていない場合がある」などの理由から見直すとしているのです。今後はボランティア活動や健康づくり活動に参加した場合にポイントを付与して、そのポイントに応じた助成を行うという「見直し」案を提示しているのです。

 これまで通りの制度を存続させるようにという「住みよい広島をつくる会」のチラシを見て瞬間的に思ったのは、ボランティア活動もいわゆる「官制」でなくてはならないのかという恐怖でした。

 原発反対を訴えるために中国電力前で街頭宣伝を行う、核実験に抗議の座り込みに参加するために原爆慰霊碑前に行く、集会などに出席するために出かける、こういうのはボランティアと言わないで社会活動とも政治活動と表現すべきものと思いますが、まあ報酬を得ていないのでボランティアとしても良いでしょう。

 そうだとしても、行政から「良い」ボランティア、「悪い」ボランティアというように区分けされるのが何よりも一番怖いことです。広島市は「買い物や通院に利用されている」とも言ってるようですが、なんで買い物や通院が悪いのでしょうか。根性の浅はかさを思わざるを得ません。

 「あんたに言われたくない」という思いです。所得制限は認めますし、僕がその所得の範囲外かも知れませんが、そういうことは横に置いても、この制度はどうしても存続されるべきです。広島市だけの特別な優遇制度でもありません、いろいろな市や町などでも行われていることです。

 存続を求める署名も行われています。皆さん是非とも協力していただきたいと思います。単にお金の問題というよりも、ボランティアにも政治の目が介入するというのが許せないのです。問い合わせは「住みよい広島をつくる会」で、電話は082-221-2768です、

530シーベルト

 毎時530シーベルト、この数字を見てまさに頭がクラクラとしてきました。新聞では「1分近くにとどまると1分足らず死に至る」と書いていましたが、考えられない数値です。

 この数値は、福島第一原発2号機の格納容器内での放射線量です。遠隔ロボットを入れて推定された数字ですが、原子炉格納容器内にこれだけの放射線量の物が、それも3基もあるのです。

 広島に投下された原子爆弾は、爆心地で約100シーベルトと言われています。これも莫大な数値ですし1999年9月30日に発生した、茨城県東海村のJCO工場での臨界事故で亡くなった大内さんの放射線量は8~20シーベルトと推定されています。

 1シーベルトは1000ミリシーベルトで、私たち一般公衆人の年間許容被曝線量は1ミリシーベルトなのです。530シーベルトは53万ミリシーベルトですから、頭がクラクラしているというのも分かってもらえると思います。

 東京電力は今月中にも調査ロボットの「サソリ」を投入して、格納容器内の各部の線量を測って核燃料の広がりなどを調べる予定としていますが、「サソリ」が放射線量に耐えて働いてくれるかも大疑問ですし、最終的に取り出すことが出来るのでしょうか。31年前のチェルノブイリ事故の原発も、今に至るも取り出せないのです。

 新聞も「530シーベルト」という数字を、「すごい値」とは書いていますが、それを実感させるためには、広島・長崎の原子爆弾、JCO事故との比較をしながら書かないのかと、これも大きな疑問です。

 2月から1週間に2日ですが、介護施設で働くことになりました。僕の担当は「うつ病」や「統合失調症」などの病気を持っていている方で、デイケア―に来る人の送り迎えと、一緒に運動をしたりする仕事です。2月1日、2日と働き、久しぶりに通勤電車に乗るなどの疲れはありましたが、仕事の内容はとても気に入ってます。

 皆さん自分で歩けますし食事も出来るので、その辺りの苦労はありません。初めての体験ですが、新しい出会いもありとても気持ちよく、とりあえず2日間ですが、仕事が出来ています。

 皆さんのプライド(自尊心・自負心)をリスペクト(尊敬)しながら、新しい経験を重ねていきたいと思っています。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック