Entries

原爆の日、特番お勧め

 明日から8月、原爆の日も8月にならないと実感できません。
 
 NHKの特番で、8月8日の深夜、日付け的には8月9日0時10分~1時38分ですが、「ヒバクシャからの手紙」というのが放送されます。

 友人の小説家、田口ランディさんが出演されます。田口さんに、番組に取り組んだ思いを訊ねたら、次のメッセージが送られてきました。全国放送です。ぜひ、ご覧下さい。夜が遅い番組ですから、難しい方は録画しておいて下さい。

 田口ランディさんからのメッセージ
「未来の人たちにとって必要なのは、原爆の悲惨さだけを伝えることではなく、
戦前、戦中、戦後を被曝という運命を背負って生きた人たちの、
価値観がどのように変わったのか、変らなかったのか、
大転換の時代を民衆の一人としてどう生きたのか、
そして今、なにを思うのか。
それを伝えていくことだと思う。
多くの被爆者の方が軍国少年、少女であった。
戦後も反核を訴えつつ、保守政党を支持し、原発に対しては賛同してきた。
戦中戦後を生きた人たちの複雑な心のありようこそ、継承し、いまを考える材としたい。
敗戦後、国の価値観は大転換したが、それを受け入れる人々の心は置き去りだった。
世界が転じた日の、青い空の空虚さを語る人は多い。
しかし、NHKの方針から政治的な発言はすべて切り捨てられた。
それに対して異論を唱えるつもりはなく、よい機会をいただいたと思い、
自らの仕事として受け止めていきたいと思う。

番組では、被爆者の方と、短い文通の後に対話をした。
「語り手」と「聴き手」という境界が溶けたとき、二つの立場が相互に入れ替わるような体験を経て、
お互いの間に慈悲が回り出すことを伝えたかった。
継承とは語り手がいて聴き手がいて、伝わるというものではなく、
聴き手こそが、語り手によって祝福されるような体験である。
語った者が聴き手によって祝福されるような体験である。
そこには相互の境界はなくなり、それぞれの人生において新たな物語として再構成されていく。
継承とは、そのような人と人の関係性のなかに生起する奇蹟のような営みでしょう。

田口ランディ


スポンサーサイト

山口県から島根県にかけて大雨被害

 先週末から日曜日にかけて、山口県から島根県にかけて大雨が降りました。

 山口県阿武郡田万川町(現・山口県萩市)に、かって原子力発電所建設問題が起ったことから、田万川町にも友人がいます。
 大雨の被害が心配になって、田万川に住んでいる人に電話をしたら、「あっという間に床上浸水になって、テレビもラジオも、パソコンも使えなくなった。この先どうなることやら」と話していました。まだ床下には水が貯まっているとのこと。もう一人の友人は、「私の家は少し高い所だし、川が近くに流れていないから被害は無かったけど、もう少し長い間降っていたら、何年か前のような被害を受けたかも」と。

 毎年のように起る、大雨被害。やはり地球温暖化の影響かとも心配します。とは言え、被害を受けた友人のことが心配です。

松井広島市長のインタビュー

 広島市の松井一実市長が、産経新聞のインタビューに「原爆と原発は別」と答えていました。
 新聞によると市長は「核兵器反対がなかなかうまくいかないから、(原発の)放射能被害で参りましょうかという駆け引きには使わないで欲しい」と述べ、原爆と原発を同一視して論じることに不快感を示した。
 僕は、この発言を何度も読み返しましたが、言われる意味が分かりません。

 また、原爆と原発の違いについて「人殺しのための絶対悪の核兵器と、人間のエネルギー達成のために使う技術は、きちんと区分けが重要。一緒にしないで欲しい」とも。
 
 松井さんは、あの福島原発事故の年の2011年4月に市長に就任しました。

 僕は、忘れもしません。この年の5月11日に長崎市で行った記者会見で、広島市長は「脱原発も含めてわが国のエネルギー政策の見直しをすべきではないかと、国に対してしっかりと言っていきたい」と脱原発を明確にして、長崎市長は「エネルギー政策は、広島、長崎という以前の国内全体の問題。両市が突出してということにはならない」と発言。この時は、広島市長の方が前向きだったのです。しかし、この年の原爆記念日の平和宣言からは、広島市長の方が後退しました。

 当然、原爆と原発とは違います。しかし、核兵器開発の過程の中で生まれたのが、原子力発電ですし、放射能被害という点では、原爆被害も原発被害も同一だと思うのです。

 広島市の「平和行政」の後退は、恥ずかしい限りです。市長に任すのでは無く、「ヒロシマの平和の姿」私たち自身で作っていかなければと思うのですが、嘆かわしいものです。

同じ負け惜しみは聞きたくない

 同じ負け惜しみは、聞きたくないという気持ちである。なぜならば、同じことを昨年の衆議院選挙の時にも聞いたからだ。

 参議院選挙の選挙区選挙の結果について、自民・公明の得票率は47.1%、それに対して野党の得票率52.9%。しかし議席は自民、公明で51議席、一方野党は22議席。投票率が約50%だから、決して有権者は、与党を支持したのではないという負け惜しみだ。もちろん、野党にも「維新」のようなのもあるけど、野党が結果においてというより、数において負けたのは現実である。

 生活、みどりの風、緑の党、社民、みんな、ついでに共産、山本太郎さんらも含めて、一緒になって選挙をやれば、費用も運動も、そして何よりも有権者に分かりやすい選挙が出来たのではないだろうか。完全に一緒というのは、現実的には難しいというより、困難だとは思うけど。

 与党からの作戦というより、野党側の自滅行為病、近視眼病、目先ばっかり病によって、結果的に自公安定政権を作らせてしまったことに、悲しさというより腹が立つ。

 そして何よりもの責任は、民主への政権交代の時、結果的に国民に幻滅を与えたことではないだろうか。この傷の深さは政党への幻滅、政治離れをますます加速させた。

 反論、意見を皆さんから聞きたい。

若い人たちを育てるには

 8月6日を前にした、原水禁常任理事会で「若い人たちの運動の後継者を作るために」という議論が行われました。久しぶりに、興味深い話し合いだったと思っています。

 僕は、自分自身がこのような運動に関わるようになった時のことを思い出しながら議論に加わっていました。同じようなことを、ついこの前に取材されてもいたのです。

 単純な答えですが、「この運動に関わって、多くの友人を国内はもとより世界中に持つことができ、自分自身の意思で、たくさんのことを勉強し、世の中の動きに関心を持ち、何よりも、そこから自らの考えが言えるようになることが出来たということは、本当に面白いことだよ。若い人たちも一緒にやってみようよ。携帯でゲームするのも楽しいかもしれないけど、こっちの方がもっとリア充(リアルに充実という意味です)だよ」を笑顔で言いたいと思います。

 職場の先輩で、やはり運動に長く関わっていた友人が、「木原くん、切り傷の『かたブサ』じゃあないけど、いつまでも『かたブサ』でいることはない。余り長くそうであると、嫌われるぞ」と言いました。これに対する僕の答えは、『かたブサ』は、中の傷が治れば自然に落ちていくもの。自然に落ちるまでは、やはり存在感はあると思うのですが。

 安倍内閣の閣僚も、僕より同年齢以上は19人中3人、中国電力の取締役も全取締役15人中、2人が僕より年上で後は全て若いのです。

 ほんのこの前まで、「ヒロシマの若者」としてマスコミに取り上げられていたのに、本当に年齢を重ねるのは早いものです。僕の場合、ふてぶてしくも図々しくも、いつまでも子ども、若いと思っているから、いけないのかな。
 
 「命短し、恋せよ乙女」・・・・ですよね。

山口県周南市金峰

 山口県周南市金峰(みたけ)が、五人殺人事件で全国的に知れわたるところになりました。
 
 ここに、「原発いらん!山口ネットワーク」の代表者夫妻が住んでおられた関係で、たぶん忘年会で2度くらい訪ねたことがあります。当時は、山口県都濃郡鹿野町金峰と言ってました。

 もちろん、忘年会が終わってから公共交通機関で帰宅するということは不可能です。だから泊めてもらっていました。今でも忘れられないのは、夜空の星が本当に輝いているほどきれいだったことです。星をさえぎる灯りがほとんど無いのですから、最高でした。忘年会という冬の季節の空は、ますます冴えていたのを思い出します。

 今でも、金峰にはMさんが住んでいます。Mさんに電話をしたら、警察から「自宅に帰らずに、公民館で寝泊りするように」と指示があり、Mさんは息子さんの住む家に「避難」されていたようです。

 世間では、容疑者が逮捕されて一安心という感じですが、10数人という少ない人の住む集落で、五人が亡くなり、一人の容疑者が同じところから出てしまったことの、心のダメージは相当に大きなものがあると思います。

 あるマスコミは、「平成の八つ墓村」と書いていましたが、これからもここに住み続ける人たちの気持ちを考えると、いつまでも残るであろう「心の傷」を考えざるを得ません。

山口県漁協、祝島漁業者に全員集会を連絡

 今日、山口県漁協が上関町祝島の漁業者に対し、8月2日の午後5時から上関原発の漁業補償金の分配を議題とした、全体集会を祝島で開催することを通知しました。

 上関原発の漁業補償金の受取りについて、祝島の漁師さんたちは、これまで一貫して受け取らないということを決めていました。特に、昨年の全体集会では補償金の受取りを拒否するだけでなく、今後の全体集会では、補償金問題が議題としないという緊急動議も可決していました。

 しかし今年2月、山口県漁協はこの決議を無視して、祝島で受取り問題を議題とした全体集会を強引に開催し、無記名投票の結果過半数の賛成で補償金の受取りを決めたとしています。

 補償金の分配については、他の漁協では3分の2の賛成で、決めています。祝島の漁協者について過半数で決めるというのは、不当です。

 3分の2では、これまで通り補償金の受取りが決まらないという焦りから、この度の全体集会の開催となっています。
 
 

人を動かす共感力

 NHKの「クローズアップ現代」が、「人を動かす共感力」というタイトルで放送していました。
 他人に自分の考えを理解させるためには、具体的に僕の場合など中国電力に原発を無くすようにと訴える場合、ガンガンと強く迫るという手段もあると思いますが、それでは反感を受けることはあっても、なかなかその考えを受け入れてもらうようにはならないと思うのです。

 サッカーのワールドカップで優勝した時の、渋谷で人が溢れていた時、その人たちを優しく誘導した「DJポリス」さん、やはり学ぶところが多いのでは無いでしょうか。

 「親しき仲にも礼儀有り」という言葉がありますが、僕は「親しく無い方にこそ礼儀有り」と、最近年齢を重ねる毎に感じるようになりました。

 言っておきますが、決して、ひよっている訳ではありません。人を説得する場合にはどういうやり方が良いのかを考えているのです。

 今年6月26日に行なわれた株主総会。黙って座らされている動員株主の人たち。黙っていても、私たちの言動を聞いているのです。この人たちに理解を得ること。「人を動かす共感力」この事を考えさせられたクローズアップ現代でした。

電力会社は節電を望んでいるのか?!

 どうも中国電力では、今年の最大電力を今日達成したしたようです。
 今日の15時~16時の最大電力使用量を1030万KWとしていますから、間違いないでしょう。明日はもっと増えると思っています。

 今年の夏は、無理の無い節電を!という節電要請ですから、本音をいえばもっと電力を使ってもらい、原発が無いと困る、やはり再稼動は必要だという意識を消費者に持ってもらうため、このくそ暑さをエサにして。

 夏を前に発表した、中国電力の電力供給量は1250万KWです。そして最大電力の予想は1131万KWとしています。ということは、1131マイナスの1030ですから、後100万KWは使って欲しいのです。約原発一基分以上。

 福島原発事故のあった2011年の夏を前に、中国電力も会社内でも節電をしていますよという宣伝をしていました。例えばエレベーターの半分停止、トイレの便座を暖めないこと、残業をする時、社員はパソコンを持って同じ部屋に集ってもらい、そこを残業ルームとして使い、残りの部屋は消灯するといった対策を!

 でも今年、中国電力内部での節電対策は聞きません。
 
 ちなみに、中国電力において最大の電力使用量を達成したのは、2007年8月17日の1229万KW。この日の最高気温は35.3度だったそうです。

 広島市の明日の最高気温も35度と予想されていますが、最大使用電力予想は1030万KW。同じ35度でも2007年より約200万KWの差が有ります。

 消費者の中に節電意識が強まったことの表れだと思います。

 福島原発事故によって、原発は嫌だという声の高まり。そして、太陽光発電など再生可能エネルギーの普及が進んだことの証しだと思うのですが。
 

母の命日がやってくる

 7月30日は、母の命日。15年目の日がやってくる。
 母は32歳の時、広島で被爆した。肩から背中にかけて火傷をした。原爆から4年後に僕が生まれ、その4年後に母は連れ合いを病気で亡くした。
 
 それまで主婦だった母は、仕事をして僕たち3人の子どもを育てた。

 職場でどんな感じで働いていたのかは知らないが、以前同僚だったという人から聞いたことがある。「お母さんは気の強い人で、うち(自分)を、早よう未亡人にしてしもうた主人が憎たらしいので、墓なんかにゃあ、参ってやらん」と話していたという。その同僚の人はこんなことも話してくれた。「省治(僕のこと)が、家で待っとるけえ、早よう帰ってやらにゃあいけん」とも。
 子どもの頃には思いもしなかったが、職場の人間関係などで、さぞかし苦労もあっただろうと、今になって感じる。

 母が亡くなって、僕は少しうつ状態にもなった。

 しかし、今は足もとに母がおり、記憶は全く無いけど父がいて、還暦を前に急死したすぐ上の姉がいる。そして、先に逝った多くの素晴らしい先輩たちが。その人たちが、足もとにいると思うと「足腰が強くなった」というか、その人たちの上に立たされているという、強さを感じる。そして、使命のようなものも。

 32歳で被爆し、今年は原爆から68年。ということで、今年は母の生誕100年でもある。母と生年月日まで同じ、1913年3月4日生まれに詩人の栗原貞子さんがおられる。「生ましめんかな」「ヒロシマというとき」などの多くの詩を書かれた方である。

 母が亡くなった日も暑かったあー。

参議院選挙結果で考える

 参議院選挙結果が出ました。期待外れですが、予想通りです。
 やはり民主党政権になった時の、裏切り、期待外れ、近視眼的だった責任は大きいと思います。責任はただ単に、それだけでは無く有権者に政治に対する関心を失なわさせ、政治離れさせた責任もです。

 そして、いわゆる民主勢力も、みんな、生活、共産、社民、みどり、緑の党などなど、相当に政治にマニアックな人でないと、その違いが分からない、なぜ大同団結が出来なかったのか、それぞれの政党は存在させても、選挙用に大きく括られなかったのか。そういうことの出来るリーダーというのが、この国には居ないのか。

 僕の好きな言葉に「こだわりと柔軟性の調和」というのがあります。この言葉の奥深さを感じています。

 唯一、良かったといえば、東京選挙区で山本太郎さんが当選したことでしょうか。
 

朝から選挙ニュースにムカツク

 今日は投票日。朝から選挙に関するニュースにムカついています。NHKも朝から、「衆参ネジレ現象が解消されるかが、争点の・・・」というニュースの繰り返し。まさに、今のネジレ現象が無くなることを望むようなニュース原稿。ムカツクことこの上ない。
 これだと、ネジレ現象が困っていた勢力を、応援することになると思うのです。どこが、こういう選挙枕言葉を考えたのか知りませんが、小泉郵政選挙の時の「郵政民営化が争点の」自民党から民主党に政権交替された時の「政権交代がなるかが争点の」そして、去年の衆議院選挙の「景気回復が争点の」そして、今回の「ネジレ解消が争点」の、こういう報道は、世論誘導という完全な選挙違反だと思います。
 争点は有権者が考えること。マスコミが世論誘導をしないで欲しいのです。

呉の少女死体遺棄事件

 呉で起こった少女死体遺棄事件。いとも簡単に人の命を奪う。怒りというより、悲しいというか、嘆かわしいというか、むなしいというか、なんとも言えない落ち込み気分です。こんな世界にしてしまったという、自分自身の大人世代の責任というものも感じてしまいます。
 最近読んだ本で、中公新書から出ている「ケータイを持ったサル」というのがあります。副題に、「人間らしさ」の崩壊、とありました。本の帯文には、日本人は退化している!?大人になれない若者たち-子離れできない親たち-、と。著者は、比較行動学で有名な、正高信男さんです。「ケータイを持ったサル」と言いながらも、僕自身も携帯を持ち、メールをしたり、パソコンでこのようなブログを書いたりしているのですから、僕もサルだと思います。
 新しい伝達手段が多くありますが、やはりそのツールから受け身になるのではなく、ツールに対して能動的に利用してやるという、姿勢が必要なのではないでしょうか。愛の告白も、メールよりは手書きの手紙の方が気持ちが伝わるでしょうし、もっと言えば直接会って伝える方が、もっともっと本気度も上がると思います。しかし、直接会って伝えるのが苦手な人は、その前提として新しいツールを使う。そう考えているのですが。
 若い人には、生まれた時から携帯が有り、メールがあるのですから、マッチ箱の裏に告白文を書いて渡すというような、エキゾチックなことは、僕たちが思う平安時代の和歌や俳句の時代感覚かもしれませんね。
 原発反対運動をしていて、ちょっとした行き違いがきっかけになって、人間関係が悪くなり崩壊してしまうということを何度か経験してきました。直接会って、議論や討論をすれば、余り無駄で無用なトラブルは減っていると思うのですが。あくまでも、使う側の人間が主体だと。最近、議論をしたり討論している若者も大人も少なくなっていると感じています。

はじめまして

 はじめまして。「省ちゃん」と申します。この度ブログを開設しました。
 少し自己紹介をさせていただきます。生まれたのは、広島県佐伯郡五日市町、現在は広島市佐伯区となっています。生年月日は1949年1月8日。同じ誕生日には、元総理大臣の小泉純一郎、北朝鮮の金正恩、エルビスプレスリーと言った、どうも汗臭そうな人が多いようです。僕も年齢とともに加齢臭が気になり始めました。
 1978年のある出来事をきっかけに、原子力発電に疑問を持つようになって35年。福島原発事故をきっかけに、これまで以上に忙しくなりました。
 世間では、原子力発電反対運動の人、というように言われることもありますが、まだサラリーマンとして働いています。仕事をしながら、原子力発電に警鐘を与えてきた、この「二足のわらじ」生活に我ながら自負の気持ちを持っています。
 宣伝になりますが、著書としては「ヒロシマ発チェルノブイリ 僕のチェルノブイリ旅行」「僕のヒロシマノート」「原発スキャンダル」などがあります。
 余り言わないのですが、短編小説を書くのが趣味です。実は、今年の中国短編文学賞に応募したのですが、残念ながら入選しませんでした。まあ280編の応募があったのですから、相当な難関でしたが、大賞を受賞して賞金を得たら、あれに使おう、これに使おうと皮算用だけはしていました。この短編のタイトルは「五年ぶりのクリスマスツリー」というものでした。
 今は、パチプロの親を持った青年を題材に書き始めています。創造と想像を巡らして作っていくのが楽しみです。
 早く原発の無い社会が出来て、短編に没頭できる時が来るのを願っていますが、何時のことやら。
 まあー、「省ちゃんの前向き語り」を、ごひいきにお願いします。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック