Entries

あきらめから希望へ

 1987年12月に発刊された「あきらめから希望へ(発行:七つ森書館)」という本があります。原子力資料情報室の代表をしていた高木仁三郎さんと、哲学者の花崎皋平さんの対談集です。この本には、「生きる場からの運動」というサブタイトルが着いています。

 高木さんは2000年12月に62歳で亡くなられましたが、花崎さんは現在86歳ですが、元気に活動しておられます。

 戦前の治安維持法を思わせる共謀罪の傲慢成立、強行される原発再稼働、信頼できない裁判所、憲法改悪の動き、一方で核兵器禁止条約に賛成しない被爆国日本の政府、福祉の切り捨てなどなどの中にいると、僕の心の底にある「あきらめ心」が膨らんできそうです。自分自身の中にある「あきらめ心」と、「そうではいけない」という心との、闘いの中で日々を過ごしているようです。

 高木仁三郎さんとは「省ちゃん、仁さん」という関係で、僕は高木さんを尊敬し、高木さんは僕に対し「過剰」な期待を持っておられました。その期待に応えられたか否かは、今になっては分かりません。

 高木さんは、相手側の戦略は「なにをやってもダメだ!」という、あきらめさせるというのが目的だから、「あきらめない」ことの大切さを話していました。

 高木さんから謹呈されたこの本を改めて読み直し、考えていました。ちょっと長いのですが、【まえがき】の中で高木さんは次のように書いています。1987年の物ですから、「世紀末」という言葉が使われていますが、読んでみてください。

 世紀末に向けて坂道をころげているような時代状況がある。国家の存在が次第に大きなものとなり、管理主義的な傾向と相まって、市民の自由な営みが押しつぶされようとしている。一方において科学技術文明の暴走も顕著である。私の多くの友人たちが危機感を募らせている。たしかに悲観的材料には事欠かない。しかし状況の悪さを声高に叫び、危機感だけで人を動かすような運動はもういやだ。
状況の表層だけを見ていると、たしかに悲観的になるが、眼をこらし耳をそばだててみよう。状況の底部で、かすかな、しかし着実に新しいものが胎動し始めているのを感じとることができる。それはまだほんのささやかな萌芽にすぎないが、わたしとしてはその芽を育てることに、これから生きてゆくことに希望を託してもよいという予感がある。

 昨日の朝日新聞「ひと」の欄に、地球温暖化の危機を訴えるマーシャル諸島の詩人、キャッシー・ジェトニル・キジナーさん29歳が出ていました。米国のパリ協定離脱で、温暖化対策の先行きに無力を感じないかという問いに、即座に「ノー」。「だからこそ、活動に火をつけてさらに前に進む時だと思う」。

 米国の南太平洋上での核実験で大きな被害を受けているマーシャル諸島の人たち、だからこそ強い連帯感を感じるのです。



スポンサーサイト

ご無沙汰しています

 なんともご無沙汰しています。この5月、本当に多忙でした。月曜日と木曜日に仕事をしているということもありますが、ゆっくりと自宅に居るのは、今日だけという感じです。どんなことをしていたのかということを簡単に伝えておきます。

 修学旅行のシーズンです。特にこの時期は中学校生が多く、全国から平和公園を訪れる生徒たちに碑めぐり案内をした回数が3回です。31日も予定が入っています。もちろん1日中やる訳ではありませんが、案内の中味よりも訪れる学校の情報やその地域のことなどを調べるなどの準備をします。この年齢になったら、中学生くらいの人と話すというのは新鮮な経験ですから、楽しいことです。

 学習会の講師もありました。緊張するというのはないのですが、新しい情報を提供するために新聞だけでなく政府機関のホームページや、情報紙を見ます。どうしてもその日まで、他のことをやるという余裕が持てない性格です。

 町内会の用事、この4月から地域の町内会の副会長になって、町内会にそれなりに新しい風を吹き込みたいという気概でやっています。「なんでもやりたがり屋」と言われるかもしれませんが、このままでは世話をする人がいないということで、町内会解散という状況にありました。

 どうしても書かなければならない原稿も3本ありました。ニューズレターのコラム、連載原稿などです。

 そして熊本へ行きました。俳優の中村敦夫さんが台本・主演をされる朗読劇「線量計が鳴る」というのを広島市でも行う準備をしており、熊本への公演を下見に行きました。とても良い内容で、広島市公演も成功させたいと覚悟をしました。中村さんは尊敬する兄貴という方です。

 昨日は広島市山根町にある広島朝鮮学園の公開授業に誘われ、行ってきました。子どもたちはみんな元気です。安倍政権により朝鮮学校への補助金が打ち切られ、たいへんな状況に置かれています。公開授業の後は、「朝鮮学校差別の歴史と現在」というタイトルで、在日本朝鮮人人権協会の方からの講演を聞き、子どもたちと一緒に食事をしました。カレーライスにヨーグルト、ゼリー、もちろんキムチもありました。キムチはたくさん食べてしまいました。

 朝鮮学園を維持するために、「力のある者は力を、金のある者は金を、知識のある者は知識を!」というスローガンで頑張っています。ある教室の壁面に、金子みすずの詩、「みんなちがってみんないい」という文を書いたものが貼ってありました。その通りですね。

 まあそんな感じで、自分から忙しくしているというような部分もありますが、元気ではありますので「ご安心」ください。6月は株主総会のシーズンなので、これもボチボチと準備を始めます。

新しい年度の幕開けですね

 実質的に昨日から始まった新しい年度、週2日ですが仕事をしているところにも、何人かのフレッシュな顔を見かけました。昼休み時間に休憩室で見た顔は、「期待と不安」とよく言いますが、どちらかというと「不安」の方が強そうに思いました。それでもみんなスマホに指を滑らせていましたから、やっぱり現代人ですね。

 思えば僕がフレッシュだったのは50年前のことです。もしかしたらあの頃から「フレッシュ」さは薄かったようにも思いますが、最初の日の朝はよく覚えています。最初の給料は1万7千5百円で、その年の春闘で1万9千9百円になったのは鮮明です。

 もちろん銀行振り込みではなく、そのお金は初パチンコに使い、知ったげに本を買ったりしたと思います。神棚に置くこともなく、何よりもわが家には神棚がありません。仏壇はありましたが、母は「うち(自分)を早う一人者にしたような夫は許せん」ということで、仏壇などには手も合わさない人でした。

 とりあえず大先輩としてフレッシュに伝えたいこと、それは自分の中にたくさんの「ひきだし」を持って欲しいということですね。仕事を覚えること、職場の人間関係から学ぶこと、それもとても大事な「ひきだし」ですが、社会的な問題も大いに興味を持って欲しいと思います。

 よく「原発・エネルギー問題を勉強したいのだけど、何の本が良いでしょうか」と訊ねられることがあります。僕は「新聞をしっかりと視て、原発に関連する記事は切り抜いてスクラップ帳に貼りつけること。できれば朝日や毎日などの全国紙と、中国新聞のようなローカル紙の二つを視るのが良いけど」と伝えます。

 「原発オタク」と言われるかも知れませんが、経験から思うのは原発問題がそれ以外の様ざまな社会問題へ通じるということです。東芝問題から株式や会計処理などの知識にも波及しますし、なぜここまで問題がこじれたかという政治や人間関係までも思いが広がります。そしてただ新聞記事だけで納得するのではなく、記事にならなかった裏話というか本音の部分を、自分で想像してみることが大切だと思います。

 大会社や政府・裁判所といえどもそれを構成しているのは、人の集まりです。私たちとほとんど同じような考えを持っているものです。

 3月末に、以前勤めていた僕からいえば後輩ですが、それらの人たちが退職したという連絡もありました。以前の職場の人たちとの関係は、だんだんと薄くしていき新しい人間関係を作ることがお勧めです。

 この3月から町内会の副会長をいう役目を引き受けました。わが町内会にも老人の方が多いようですが、9月の敬老の日に行われる老人会の出席者が昨年はゼロだということでした。その理由を前任者に聞いてみたら、「知り合いがいないから」という理由だったようです。

 僕に言わせれば、新しい人との出会いがあるから楽しいのだと思います。何時までたっても同じ人間とだけしか会わないというのは、これ後ろ向き過ぎますね。この春からのフレッシュな若者も、多くの人間関係を作って幅広人間になって欲しいですね。

元気に仕事をしています

 少しご無沙汰でした。今月から週2日ですが仕事をしています。このことはお知らせしたと思いますが、といってもまだ4日しか行ってません。来月からは原則的には月曜日と水曜日を固定する予定にしています。

 仕事の内容は、病院内にある精神科デイケアセンターでの「送迎及び精神科デイケア業務」となっており、とても気に入ってます。こういう仕事を経験してみたいなあーと思っていた時に、誘いがあったのです。

 僕は会社勤めをしていた時、会社員としての仕事と主に反原発運動の「二足のわらじ」を履いてきました。それが65歳で会社員を退職したら「一足」になったのですが、どうも精神的にアンバランスという気持ちを持っていました。

 活動に専念できて良いだろうと思われるかも知れませんが、仕事世界に身を置きながら、活動をするというのが僕のスタンスでした。65歳の時、大手のマンション管理会社の人から「うちの会社の渉外部で仕事をしないか」との声もあったのですが、これは相当にキツイ感じだったので断っていました。

 今、出勤の日は朝6時10分起床で、近くのJR駅7時25分に乗るのですが、毎日約1万3千歩を歩きます。最近メタボ傾向で取りたいと思っていたので、とりあえず3か月後のデータを期待しています。

 デイケア―に来られる方は、患者さんとは言わないで、お客さん(様)と呼びます。うつ病とか統合失調症、精神分裂症、アルコール中毒という方が多いようですが、どうも○○症とか○○病というように病気を決めつけて言うことに疑問を持っていました。

 誰だって、うつ状態は在るしトーシツ状態もあるし、分裂状況もあります。回答は一つしかない、一つだけで選ぶという小学校から大学までの試験教育が反映しているのでしょうかね。ほとんど多くの人は、こういう精神状況の中をクルクルと回りながら、日々を過ごしているのではないでしょうか。

 まだ4日間ですが、お客さんからいろいろな悩みの相談もありました。確定申告のこと、電器のLED化に関すること、人間関係、家族に買って帰りたいお菓子のこと、どれも僕たち「健常者???」とその根底は全く同じだと確信しました。

 朝、夕は送迎ということでワゴン車に乗るのですが、行くところ行くところで同業者の車を見かけます。乗っているのは車いすの人、食事の介助が必要な人などさまざまだと思いますが、これからの時代このような仕事の需要はどんどんと増えていくでしょうね。とても大切な仕事ですから、やっぱり働く人の待遇の改善が必要だとも思います。

 送迎だけをしている人は、午前中の2時間半くらいと午後もそれくらいの時間を働いている、それも施設から近いところに住んでいる比較的高齢者が多いようです。1日中働いている学校を卒業したばかりのような若い人には、やはり働きがいを持ってもらうためにも、待遇改善が大切だと思いました。

 休憩時間に、たぶん国家資格試験を受けるための受験勉強をしている若い人がいました。頑張って合格して欲しいなあーと、心の中で声援を送りました。

70歳になったらパスピーが貰える??

 満70歳になったら広島市からパスピーが貰える!、「よし70歳になっても頑張るぞ!」という気持ちでおりました。その制度が、どうも怪しくなりそうです。

 広島市には「広島市高齢者公共交通機関利用助成制度」というのが在り、高齢者が積極的に外出し、社会参加できるように支援していこうという趣旨から、1993年度から年間8,640円の助成をするというのが導入されました。。やがてバスカードやパスピーというプリペードカードの乗車券が導入されたために、金額が年間6,000円になりましたが、制度は維持されてきていました。

 もちろん所得制限が在ります。助成の内容もパスピー、JR回数券引換券、など8項目の助成内容から選択するようになっています。

 広島市はこの制度が「買い物や通院などにも利用されており、社会参加に使われていない場合がある」などの理由から見直すとしているのです。今後はボランティア活動や健康づくり活動に参加した場合にポイントを付与して、そのポイントに応じた助成を行うという「見直し」案を提示しているのです。

 これまで通りの制度を存続させるようにという「住みよい広島をつくる会」のチラシを見て瞬間的に思ったのは、ボランティア活動もいわゆる「官制」でなくてはならないのかという恐怖でした。

 原発反対を訴えるために中国電力前で街頭宣伝を行う、核実験に抗議の座り込みに参加するために原爆慰霊碑前に行く、集会などに出席するために出かける、こういうのはボランティアと言わないで社会活動とも政治活動と表現すべきものと思いますが、まあ報酬を得ていないのでボランティアとしても良いでしょう。

 そうだとしても、行政から「良い」ボランティア、「悪い」ボランティアというように区分けされるのが何よりも一番怖いことです。広島市は「買い物や通院に利用されている」とも言ってるようですが、なんで買い物や通院が悪いのでしょうか。根性の浅はかさを思わざるを得ません。

 「あんたに言われたくない」という思いです。所得制限は認めますし、僕がその所得の範囲外かも知れませんが、そういうことは横に置いても、この制度はどうしても存続されるべきです。広島市だけの特別な優遇制度でもありません、いろいろな市や町などでも行われていることです。

 存続を求める署名も行われています。皆さん是非とも協力していただきたいと思います。単にお金の問題というよりも、ボランティアにも政治の目が介入するというのが許せないのです。問い合わせは「住みよい広島をつくる会」で、電話は082-221-2768です、

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック