Entries

500号

 「省ちゃんの前向き語り」の数少ない読者の皆さん、今号で500号となりました。第1号は2013年7月21日ですから、3年少しで達成しました。始めたのは、ちょうど3年前の参議院選挙の時だったと記憶しています。

 選挙の投票日だったと記憶していますが、投票日の昼間というのは僕にとっては暇な時です。単純にブログをやってみようかと思い、長くやっている二女に教えてもらい始めたのでした。「ブログを始める人は多いけど、長続きするのは難しい」と聞いていたので、そう言われないようにととりあえずは100号、次の目標は200号というようにして続けてきました。

 書いたものは「原発のこと」、「日常の生活の中で」というように9項目に自分で分類するのですが、「原発のこと」というのが一番で、二番は「日常の生活の中で」というものでした。「嘆き話し」という分類もあるのですが、これは一つだけで、あえてそうしなかったというのも在るかも知れませんが、「前向き」で良かったと思います。

 ブログをして良かったこと、それは何といっても、オボロゲな自分の知識とか記憶を間違いは書けないので、きちんと調べなければならないことだと思います。例えば前号の伊方原発の部分で、「佐田岬の幅はとても狭い」だけでは分かりにくいのです。そこを調べたら約800㍍でしたから、僕の記憶の中に800㍍は残ります。

 そして、やはり文章を書く勉強にはなります。勉強というよりこれは積み重ねでしょうね。

 何よりも嬉しいのは、どこかで「省ちゃんの前向き語りのファンなのですよ」と声を掛けられたりすることです。これには単純に喜んでいます。

 この年齢になると結婚式に呼ばれるより、葬式や法事の方が多いのですが、もし結婚式に呼ばれたらこんな話しをしよう、こんなあいさつをしようということを夢想しています。

 それは若い人たちへの希望というかメッセージのですが、それは多くの「引出し」を持って欲しいということです。仕事のことしか、上司の悪口しか、嫁・姑の悪口しか、ゴルフのことしか、逆に原発のことしか話さない、というのも疲れます。

 多くの「引出し」を持つには、何でも見てやろう、聞いてやろうの気持ちをいつも持って、とりあえずは新聞を読む、ラジオを聴く、興味の在ることは自分で知らべてみる、そしてメディアの情報をただ信じるのではなく、「まてよー」という気持ちで自分なりの考えを持ってみる、こんなことが大切ではないかと思っています。

 500号の次は600号だろうと思いますが、ブログの間が空いているから「何か書かないと」という気持ちでは、読者の方に伝わらないと思っています。夜眠っている時ふと目が覚めて、「あーこれを書かなければ、否、書きたい」という衝動的な気持ちを大切にしてパソコンに臨んでいます。

 結構、他のところで原稿を頼まれることが多いのです。今は、上関原発の埋め立て免許問題で25日までに5000字を書いています。そういう状況の中でも、このようにブログを書いています。こういう時は、中学生の頃に試験も前にしている前日に、いつもはやらない部屋の片づけをやっていたというのに似ています。


スポンサーサイト

コメント

[C33]

穏やかな人柄が伝わってきて、いいなあと思っています。
  • 2016-08-15 05:22
  • 小木曽 茂子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/500-290aa1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR