Latest Entries

あきらめから希望へ

 1987年12月に発刊された「あきらめから希望へ(発行:七つ森書館)」という本があります。原子力資料情報室の代表をしていた高木仁三郎さんと、哲学者の花崎皋平さんの対談集です。この本には、「生きる場からの運動」というサブタイトルが着いています。

 高木さんは2000年12月に62歳で亡くなられましたが、花崎さんは現在86歳ですが、元気に活動しておられます。

 戦前の治安維持法を思わせる共謀罪の傲慢成立、強行される原発再稼働、信頼できない裁判所、憲法改悪の動き、一方で核兵器禁止条約に賛成しない被爆国日本の政府、福祉の切り捨てなどなどの中にいると、僕の心の底にある「あきらめ心」が膨らんできそうです。自分自身の中にある「あきらめ心」と、「そうではいけない」という心との、闘いの中で日々を過ごしているようです。

 高木仁三郎さんとは「省ちゃん、仁さん」という関係で、僕は高木さんを尊敬し、高木さんは僕に対し「過剰」な期待を持っておられました。その期待に応えられたか否かは、今になっては分かりません。

 高木さんは、相手側の戦略は「なにをやってもダメだ!」という、あきらめさせるというのが目的だから、「あきらめない」ことの大切さを話していました。

 高木さんから謹呈されたこの本を改めて読み直し、考えていました。ちょっと長いのですが、【まえがき】の中で高木さんは次のように書いています。1987年の物ですから、「世紀末」という言葉が使われていますが、読んでみてください。

 世紀末に向けて坂道をころげているような時代状況がある。国家の存在が次第に大きなものとなり、管理主義的な傾向と相まって、市民の自由な営みが押しつぶされようとしている。一方において科学技術文明の暴走も顕著である。私の多くの友人たちが危機感を募らせている。たしかに悲観的材料には事欠かない。しかし状況の悪さを声高に叫び、危機感だけで人を動かすような運動はもういやだ。
状況の表層だけを見ていると、たしかに悲観的になるが、眼をこらし耳をそばだててみよう。状況の底部で、かすかな、しかし着実に新しいものが胎動し始めているのを感じとることができる。それはまだほんのささやかな萌芽にすぎないが、わたしとしてはその芽を育てることに、これから生きてゆくことに希望を託してもよいという予感がある。

 昨日の朝日新聞「ひと」の欄に、地球温暖化の危機を訴えるマーシャル諸島の詩人、キャッシー・ジェトニル・キジナーさん29歳が出ていました。米国のパリ協定離脱で、温暖化対策の先行きに無力を感じないかという問いに、即座に「ノー」。「だからこそ、活動に火をつけてさらに前に進む時だと思う」。

 米国の南太平洋上での核実験で大きな被害を受けているマーシャル諸島の人たち、だからこそ強い連帯感を感じるのです。



スポンサーサイト

真庭バイオマス発電所見学

 14日にして今月初めてのブログになってしまいました。頭の中から抜けないのが、28日に行われる中国電力株主総会のことです。事前質問書は何を出そうか、会場内質問はどれを取り上げようか、株主提案議案の補足説明はどうしようなどなどが頭の中を巡りめぐっていました。

 といっても、祝島へ枇杷狩りに行ったり、修学旅行の碑めぐり案内、いろいろな会議、証券会社のやる講演会とか、劇の観賞に行ったりとの生活です。こんな時間を過ごしていると、中高生の頃に試験が近づくと、部屋の掃除や模様替えをしていた時を思い出します。掃除や模様替えなどをあえてこの時期にやらなくても、と思いながらも昔からこういう癖があるのでしょうね。

 そんな中、ワールド・フレンドシップ・センターのピースセミナーの皆さんと、1泊2日の予定で岡山県真庭市のバイオマス発電所見学に行ってきました。僕以外は全てが女性で、皆さんとても勉強熱心な方ばかりです。僕は長い間このセミナーの講師という立場にいるのです。

 真庭市は9の市町が合併してできた、岡山市よりも広い岡山県で最大の市です。四国の香川県の半分くらいの面積だとも言っておられました。人口は約4万6千人、面積の内、約80%が森林です。

 最初に真庭市役所に到着、市議会議員をしておられる知人が待っておられて、大まかな真庭市の話しを教えてもらいました。その前に真庭市役所に着くと、プーンと木の匂いがしてきました。市議会議場は総木造りです、これにはみんなが大喜びでした。「うちの孫の学習机をこれで作って欲しい」という声も聞こえました。

 市役所は旧久世町にあるのですが、JR姫新線の昼間ダイアは1~2時間に1本の電車しか来ないのですが、その駅のトイレはオール木造りで数千万円を掛けたそうです。ピースセミナーの皆さんはこれにも感動して、みんな使っていました。

 真庭市役所の電力は、市役所内にあるバイオマスボイラを使った冷暖房を使い、後は屋上の太陽光発電、そして真庭バイオマス発電所が発電した電力を使っています。

 バイオマス発電所の燃料とあんる木材は、木材集積基地と呼ばれるところには、大きなトラックから、軽トラに載せられた切り立ての木材が運ばれていました。入ったところで、車の重量が測定され、木材を降ろした後に再び測定されて、その差額量でお金が払われるそうです。

 バイオマス発電所の中も見学させてもらいましたが、1万kwを発電するものですから、大きな規模です。ほとんどが真庭市で獲られた木材だそうで、まさにエネルギーの地産地消を見た感じでした。

 宿泊は有名な湯原温泉の旅館で、女性の皆さんは遅くまでおしゃべりをしておられたようですが、僕は大きな部屋で一人静かに眠りにつきました。

為政者のやることと市民の責任

 北朝鮮がミサイル発射をしましたね。日本政府の軍備を増強したいと思っている連中たちが、これぞという感じで語っている様子は、その魂胆が丸見えです。

 安倍総理は、森友・加計事件で苦境にある中、意気揚々という感じで、「北」批判をしている姿をテレビ観ていると、無性に腹立たしく思います。市民の目を自らの事件から逸らそうとしているようにも観てしまう、僕がおかしいのでしょうかね。

 北朝鮮もミサイル発射などにお金を使わずに?と思います。先週の土曜日に広島市の朝鮮学校の公開授業を観させて、元気な明るい顔と声で学んでいる子どもたちの姿が残っているので、なおさらです。

 何年か前に韓国に行った時、韓国の人から、きちんとした数字か忘れましたが、「日本の30数年間の侵略の歴史は…」、ということを何度となく聞かされました。日本は戦前から戦争が終わるまで、朝鮮半島の人たちに悪いことをしていたのだとは知っていましたし、申しわけないという思いはありましたが、何度も言われると「僕はそのことに関わっていないよ」と、反論もしたくなりました。もちろん口には出しませんでしたが。

 今、日本は福島原発事故を経験しながら原発の再稼働を進め、安保法制を強め、共謀罪を制定し、憲法まで変えようとしていますが、そのことをもって世界の人から僕たちが批判されたとしたら、それは為政者のやっていることで、僕たちは反対しているのだと言い訳をするでしょうね。

 為政者のやっていることと、市民の気持ちというのは違うのだということを言いたと思います。北朝鮮はけしからん、だからといって日本に住んでいる北の人たちが嫌がらせを受けるということは筋違いだと思います。

 しかし安倍首相を含め、官房長官や外務大臣らの発言を聞いていると、嫌がらせを助長しているようにしか見えないのです。

 G7サミットでは、貿易問題、地球温暖化対策、難民問題などで、ことごとく違う主張をする米トランプ大統領に対し、欧州首脳たちが揃ってトランプを批判しているにも関わらず、メディアの報道を観る限り安倍晋三の声は聞こえませんでした。「自分の意見は無いのか!」と叫びたくなります。

ご無沙汰しています

 なんともご無沙汰しています。この5月、本当に多忙でした。月曜日と木曜日に仕事をしているということもありますが、ゆっくりと自宅に居るのは、今日だけという感じです。どんなことをしていたのかということを簡単に伝えておきます。

 修学旅行のシーズンです。特にこの時期は中学校生が多く、全国から平和公園を訪れる生徒たちに碑めぐり案内をした回数が3回です。31日も予定が入っています。もちろん1日中やる訳ではありませんが、案内の中味よりも訪れる学校の情報やその地域のことなどを調べるなどの準備をします。この年齢になったら、中学生くらいの人と話すというのは新鮮な経験ですから、楽しいことです。

 学習会の講師もありました。緊張するというのはないのですが、新しい情報を提供するために新聞だけでなく政府機関のホームページや、情報紙を見ます。どうしてもその日まで、他のことをやるという余裕が持てない性格です。

 町内会の用事、この4月から地域の町内会の副会長になって、町内会にそれなりに新しい風を吹き込みたいという気概でやっています。「なんでもやりたがり屋」と言われるかもしれませんが、このままでは世話をする人がいないということで、町内会解散という状況にありました。

 どうしても書かなければならない原稿も3本ありました。ニューズレターのコラム、連載原稿などです。

 そして熊本へ行きました。俳優の中村敦夫さんが台本・主演をされる朗読劇「線量計が鳴る」というのを広島市でも行う準備をしており、熊本への公演を下見に行きました。とても良い内容で、広島市公演も成功させたいと覚悟をしました。中村さんは尊敬する兄貴という方です。

 昨日は広島市山根町にある広島朝鮮学園の公開授業に誘われ、行ってきました。子どもたちはみんな元気です。安倍政権により朝鮮学校への補助金が打ち切られ、たいへんな状況に置かれています。公開授業の後は、「朝鮮学校差別の歴史と現在」というタイトルで、在日本朝鮮人人権協会の方からの講演を聞き、子どもたちと一緒に食事をしました。カレーライスにヨーグルト、ゼリー、もちろんキムチもありました。キムチはたくさん食べてしまいました。

 朝鮮学園を維持するために、「力のある者は力を、金のある者は金を、知識のある者は知識を!」というスローガンで頑張っています。ある教室の壁面に、金子みすずの詩、「みんなちがってみんないい」という文を書いたものが貼ってありました。その通りですね。

 まあそんな感じで、自分から忙しくしているというような部分もありますが、元気ではありますので「ご安心」ください。6月は株主総会のシーズンなので、これもボチボチと準備を始めます。

修学旅行シーズンが始まりました

 新学期、春本番とともに修学旅行シーズンが始まりました。修学旅行生らに広島平和公園を中心にした碑めぐり案内を頼まれて、させてもらっています。

 いよいよ明日が今シーズン最初の案内となりました。今月だけで4回の予定が入っています。

 今月はすべて中学生ですが、平和公園には全国からやってきます。5~6月は主に中学生が多く、秋になると高校生が多くなります。だいたい10人~15人くらいを一グループで案内するのですが、明日がシーズン最初ということで、改めて案内コースの確認などをしておりました。

 最近は、旅行会社の行程の中に碑めぐりが組み込まれているので、どうしても時間が短いという傾向です。時間が短いと困るのは、第一に初めての生徒らとの「通じる人間関係」を作ることが難しいことです。

 会ってすぐに、この碑は「ああだ、こうだ」と説明するのは僕の性格に合いません。だからどうしても、自分を分かってもらい、聴いてくれる生徒たちも知りたいということからやろうとすると、どうしても時間が足りません。もちろん碑めぐりも、短時間では到底無理な部分もありますし、生徒たちの感想も聞きたいしという感じです。

 だから今年から、僕の方でその学校のホームページを見ておくことにしました。ホームページでは、「いよいよ修学旅行だ!」という書き出しで、新幹線に乗る練習をしたとも書いてありました。明日は午前5時過ぎに学校へ集合だそうです。

 こんなに早く学校へ来て、広島市までやって来て平和公園の碑めぐりをして(させられて)、「可哀想に」と声が出ました。そうなると少しでも、思い出に残る内容にしなければと、これまたプレッシャーです。

 中学生だけではありませんが、生徒たちは本当に「カワイイ」ですよ。もちろん「アレタ」生徒に出会うこともありますが、それはそれでまた「良し」です。

 大人になった時、「中学校の修学旅行で広島の平和公園に行った。面白いおじさんが、大きな声で案内してくれたなあー」ということを、ちょっとでも思い出してくれたら、それで幸いです。出来ればその時に、自分の夫や妻と、子どもたちと、平和公園に来て思い出して欲しいですね。

 修学旅行とはまったく関係ありませんが、面白い川柳というかそんな言葉を見つけました。どうしても皆さんへ伝えたくて書いておきます。

今夜から ゆっくり寝れる 自己破産

 笑ってしまいましたし、まずもって「ら抜き言葉」が良いし、この開き直りが気に入りました。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック